ファンド - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ファンド

マネー 投資相談 2007/04/05 10:38

ファンドを始めるには最低どれくらいの金額が必要なのでしょうか。

マチぽんさん ( 東京都 / 女性 / 28歳 )

回答:4件

山田 幸次郎 専門家

山田 幸次郎
ファイナンシャルプランナー

- good

ファンドの購入単価

2007/04/07 00:03 詳細リンク

こんにちは。FPの山田です。
ファンドの購入単価は通常1ま1万円から購入できます。
すでに発売されているものは、1万口に対しての現在の価格が基準価額として紹介されています。

新規公募のものは1万口=1万円でスタートですが
スタートした時期が全体が良い状況でも、悪い状況でも
1万円からスタートしますので。
現在の基準価格が1万より低いから、必ずしも安いというわけではありません。その時の口数に対する購入単価と思ってください。


基準価額は、投資信託の総資産総額を購入している人の
口数で割ってだしています。

したがって、総資産額が多くても、購入者が多いと
基準価額低くなります。



購入商品については、価格変動リスクを積立で
少なくしても(購入時期の分散=ドルコスト平均法)

特に外国債券等の外国ものには為替リスクもあります。
また、ドルコスト平均法は将来長期的に値上がりするものにはメリットがありますが、
将来にわたって値段が下がる傾向のものは、
購入数が多くなってしまい、損失が多くなるデメリットがあります。


積立型で資産を形成するには、分配金が再投資するもので複利で運用されるメリット活かした商品が適切です。

余裕があるなら、いくつかの商品を積立最低購入額で
分けて積み立てるのも効果的です。

回答専門家

山田 幸次郎
山田 幸次郎
(埼玉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社アネシスコンサルティング 代表取締役
048-814-1239
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

知識がないと損する時代。だから、わかりやすい言葉でアドバイス

将来の生活に少しでも不安を感じていませんか?将来が不透明で自己責任の時代でも、知識を持って自分の生活に合わせていけば、分からない不安は消えていきます。お金の有効な活用方法を知り、豊かな生活ができるよう一緒に考えましょう!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山中 伸枝

山中 伸枝
ファイナンシャルプランナー

- good

1万円からでも可能です

2007/04/05 10:54 詳細リンク

マチぽん様、はじめまして。ファイナンシャルプランナーの山中伸枝です。

ファンド(投資信託)を検討されているのですね。最低どのくらいから?ということですが、ほとんどの投資信託は1万円から購入が可能です。

もし毎月1万円を将来のために運用に回せるとすれば投資信託の積立も良い方法です。

またもう少しまとまったお金(10万円以上)あれば投資信託を組み合わせ分散投資を更に充実させることも可能です。

一番大切なのは、投資信託の商品選び。数ある投資信託の中から質の良い商品を選ぶのはなかなか大変です。もし商品選びでお困りでしたらご相談頂ければアドバイスさせていただきます。

せっかくの機会ですから、将来の目標や資産作りの目的も明確にされることをオススメします。きっと投資意欲も沸くと思いますよ。

相談料やアドバイスの内容にご質問などありましたらメール下さい。fpyamanaka@hotmail.co.jp

お待ちしております。

吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

毎月積立・分散投資の最小額と資金の考え方です

2007/04/06 09:26 詳細リンク

マチぽんさん、初めましてファイナンシャルプランナーの吉野充巨です。
投資信託は1万円から購入できますし、毎月積立を私もお勧めしています。
その際は国内外債券と株式への分散投資をおすすめします。
例えば、国債を3ヶ月に1度3万円購入、国内の株式、国外の債券と株式を対象とする投資信託に夫々1万円毎月積立を行うことで、グローバルなバランスファンドをご自分で設定することができます。この場合に必要な資金は月々4万円です。

一方、まとまった資金でのファンドへの投資資金額について別な観点からお答えします。
投資は元本割れなどのリスクも伴います。従いまして余裕資金で始めることをお勧めします。
私は皆様に、通常必要な生活費の半年分と、今後1年間に使う予定のある資金(車の購入や、旅行、入学費等の教育費等々)を普通預金で確保し、残りの資金で投資することをお勧めしています。
預貯金での貯蓄額=生活費×6か月分+今後1年間で使う予定の費用
小額の毎月積立を除き、この金額を確保されその残りで投資するようお勧めします。

私のホームページに資産配分表を掲載していますので、参照ください。

http://www.officemyfp.com/assetclass-1.html

質問者

マチぽんさん

積立の利点

2007/04/05 11:04 固定リンク

山中様
早速のご回答ありがとうございます。
投資信託に積立した場合の利点を教えて頂けますか。

マチぽんさん (東京都/28歳/女性)

質問者

マチぽんさん

国外債券

2007/04/06 09:48 固定リンク

吉野様
的確なご回答ありがとうございます。

国内外債券と株式への分散投資を勧めるということですが、イギリスの債券を購入する場合はどこの証券会社がお勧めですか。

教えて頂ければ光栄です。

マチぽんさん (東京都/28歳/女性)


商品選びが重要です

2007/04/06 09:51 詳細リンク

まちポンさん、はじめまして、小出と申します。

金額については既に解答があるので省略しますが、
一口にファンド(投資信託)といっても種類がたくさんあり、
同じ種類のファンドであっても商品の良し悪しが当然あります。

例えばこれから月々積立でお始めになる場合には
それに適したファンドをお選びいただかないと効果が薄れます。

それは必ずしも今売れているファンドであるとか、銀行等が勧めるファンドであるとは限らないのでご注意ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
クリーンエネルギーETF NAKOさん  2009-08-04 21:26 回答3件
投信を始めるにあたって Godzillaさん  2008-07-11 19:07 回答5件
アメリカでの401kとIRAについて emv11106さん  2008-03-08 07:45 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

国内外の金融商品を用いた資産運用

特に、海外金融商品を用いた資産運用への取り組み方

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)