夫が経営する有限会社の倒産の影響について - 民事家事・生活トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

夫が経営する有限会社の倒産の影響について

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2008/09/28 14:17

夫が経営する有限会社は、借入れの返済が厳しい状況で倒産の可能性がありそうです。
私は、その夫の妻で、その会社の従業員で、経理担当をしているものです。

私たち夫婦が居住している不動産(マンション)は夫名義のものでしたが、今回の倒産危機の中、差し押さえが心配になり、夫婦間贈与ということで、私の名義に変更しました。

このような状況なんですが、この家が差し押さえになる可能性はまだあるのでしょうか。

補足

2008/09/28 14:17

羽柴様
さっそくありがとうございます。
可能性があるということで追加でご質問させてください。

銀行に相談にいきましたが、来年3月の審査は乗り越えられる可能性が高いと回答いただきましたので、倒産は早くても再来年の3月になりそうです。
夫婦間贈与からだいぶ時間がたつことになりますが、その場合でも差し押さえになるのでしょうか?
またこのことを解決するには離婚しかないのでしょうか。
ご教示いただけますと幸いです。

pesさん ( 埼玉県 / 女性 / 56歳 )

回答:2件

羽柴 駿

羽柴 駿
弁護士

2 good

あります

2008/09/28 16:58 詳細リンク

会社が倒産した場合、経営者が連帯保証などの責任を負うことが多く、あなたのご主人もそのようになる可能性が大でしょう。

その場合、ご主人の所有だった不動産(マンション)を、売却ならともかく、贈与(つまりタダで譲ること)したことは債権者を害する行為(詐害行為)に該当するので、債権者から取消されることになります。そして、ご主人のものとして差し押さえられることになるでしょう。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


回答いたします。

2008/10/02 18:30 詳細リンク

ご存じの通り、贈与は、債権者取消権により、取り消される可能性があります。
取り消しは裁判によることになりますが、その時効は、債権者が贈与の事実を知ったときから2年、事実を知ることがなくとも20年です。20年は長いですから、債権者が贈与の事実を知っても、何となく2年放置してくれればということになります。
なお、離婚することは取消権行使の妨げにはなりませんので、意味はありません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

慰謝料の未払いについて miyamiyamiyaさん  2011-08-29 17:57 回答2件
債権に対する担保設定について。 shadow-manさん  2009-05-14 20:17 回答1件
催告書と口座の凍結 りりぃさん  2007-10-11 15:54 回答1件
相続について marusukeさん  2015-08-01 15:47 回答2件
土地相続が心配 山田山田さん  2014-10-12 09:15 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

中西 優一郎

弁護士法人アルテ

中西 優一郎

(弁護士)

岡村 陽介

サニー行政書士事務所

岡村 陽介

(行政書士)