回答いたします。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

万引き

回答数: 1件

脅迫

回答数: 1件

閲覧数順 2016年12月04日更新

回答いたします。

2008/10/02 18:30

ご存じの通り、贈与は、債権者取消権により、取り消される可能性があります。
取り消しは裁判によることになりますが、その時効は、債権者が贈与の事実を知ったときから2年、事実を知ることがなくとも20年です。20年は長いですから、債権者が贈与の事実を知っても、何となく2年放置してくれればということになります。
なお、離婚することは取消権行使の妨げにはなりませんので、意味はありません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

夫が経営する有限会社の倒産の影響について

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2008/09/28 14:17

夫が経営する有限会社は、借入れの返済が厳しい状況で倒産の可能性がありそうです。
私は、その夫の妻で、その会社の従業員で、経理担当をしているものです。

私たち夫婦が居住している… [続きを読む]

pesさん (埼玉県/56歳/女性)

このQ&Aの回答

あります 羽柴 駿(弁護士) 2008/09/28 16:58

このQ&Aに類似したQ&A

慰謝料の未払いについて miyamiyamiyaさん  2011-08-29 17:57 回答2件
債権に対する担保設定について。 shadow-manさん  2009-05-14 20:17 回答1件
催告書と口座の凍結 りりぃさん  2007-10-11 15:54 回答1件
相続について marusukeさん  2015-08-01 15:47 回答2件
土地相続が心配 山田山田さん  2014-10-12 09:15 回答1件