築28年木造住宅はどれくらいもちますか? - リフォーム・増改築 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

築28年木造住宅はどれくらいもちますか?

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2008/09/20 13:08

築28年の中古戸建ての購入を検討しています。土地が広めで建坪もあるのでリフォームをすればいい家になるなと思うのですが築28年というと耐震面でも居住性の面でもかなり厳しいのかと思います。建物の調査はしていませんがあらかじめおおよそのリフォームの目安を知っておきたいと思います。築28年というと基礎は布基礎ですがベタ基礎にして断熱材を入れることは可能でしょうか?屋根や壁にも断熱材を入れられますでしょうか?耐震補強工事をしたらあと何年くらい持ちますか?また、それらの工事費用は90?の木造2階建ての場合ですとどのくらいを目安にしておけばよろしいのでしょうか?

和歌さん ( 神奈川県 / 女性 / 37歳 )

回答:2件

深澤 熙之 専門家

深澤 熙之
建築プロデューサー

- good

手入れ次第で家は50年60年はもちます。

2008/09/20 22:49 詳細リンク

はじめまして和歌様

昭和アルミグループ代表取締役兼全国住宅優良企業促進支援協会の深澤煕之と申します。

早速ですが質問の件回答させて頂きます。

結論から申し上げまして、今築28年の住宅と言う事ですが、手入れ次第で更に30年や50年は充分持つようになります。

家の耐久年数である寿命が長持ちするかどうかについては、住宅に使われる木材の環境が良い環境は悪い環境であるかであります。

今。話している事柄は木材を躯体等に使用して建ててある、木造軸組工法または2×4工法についてを例にしてお話をしていますが、コンクリート住宅や鉄骨住宅にも準じて言える事柄です。

住まいの中の空気などの環境が良い家は家にとっても良い環境で家は長持ちがします。

日本のような温暖地方の場合は湿気の多い地域ですので、その湿気のコントロールが良い家は長持ちがしますし、湿気がこもりやすい家は家の寿命は短いですし、家の中の空気などの環境はよくありません。

家が長持ちする家=環境の良い家と比例します。

また、そういう家にするにはどのくらいの予算があかかるかという事ですが、実際にどのような立地条件でどのような素材を使用し、どのような構造で建ててあるかによって、リフォームの費用もかなり変動しますので、実際に見てみないとわかりません。

今、わたしのところには築35年や築50年経った住宅にお住まいになっている方からのリフォームを相談されて、住宅の見映えや家の中の環境が驚くほど改善されて喜んで頂いている方も大勢いらっしゃいます。

その方々がされるリフォームの費用は300万円〜800万円と様々でございます。

ここでただ一つ言える事は無駄なリフォームを省く事です。

簡単に言えば、今の住宅にとって、後々資産として価値の上がるリフォームをされれば、とても素晴らしい、我々人間が生活していく営みの器である家になってきます。

補足

リフォームの方法には本当に奥深いものがあります。今ある家にとって、そしてそこに住む人にとってリフォームの仕方や方法はまちまちです。

なんか、抽象的な回答になって申し訳ありませんが、一番大切な事はそこにある家はお隣さんの家とは全く違うと言う事です。

1件1件の家に合わせて、そしてそこに住む人にとって、全く違うと言う事を認識してリフォームをする事でないかと存じます。

よくリフォームを検討する場合、内装は珪藻土が良いからそれを利用すれば良い、

エコの事を考ええれば、無垢の木材を使用すればそれで大丈夫だと言う事でなく、家全体の事を考えた上で、それぞれの部位、箇所で家全体にとって良い、影響を与えるような、素材や工法を利用してリフォームをされたら良いかと存じます。

質問の中でべた基礎にして断熱材を入れると言う事は施工としては可能な部分ですがベタ基礎にしてかえって、家にとって悪い環境を与えると言う事もありますので、よくよく考えられてからご判断をされたほうが良いかと存じます。

屋根や壁の断熱方法を高める上では一番大事な事は下手に高断熱にすると家全体がカビだらけになりますので、湿気がこもらないようにカビがでないようにしていかなければなりません。

高断熱及び高気密は湿気や結露の発生原因になるケースが多いので湿気をコントロールする工法が大事になってきます。

そういった湿気対策をしながら断熱効果を上げる方法を選択してご判断をされる事が重要です。

また耐震補強をする前に大事な事があります。それは今の住宅の大事な躯体である木柱などの部分の木材の環境です。耐震補強しても木材が腐食するような環境ですと、地震対策としては意味がありません。

参考になれれば幸いに存じます。

参考サイト

昭和アルミグループ総合サイト

昭和アルミインターナショナル:外壁リフォームドットJP

回答専門家

深澤 熙之
深澤 熙之
(埼玉県 / 建築プロデューサー)
昭和アルミ株式会社 
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱リフォーム専門メーカーです。リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施工も行います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
横山 彰人

横山 彰人
建築家

- good

木造の耐用年数について

2008/09/22 23:15 詳細リンク

手入れの仕方によって50年や70年は十分持ちますからご安心下さい。
リフォームの場合どこまで手を入れるかが大事です。

質問のように基礎、屋根、壁、床の断熱材、耐震補強、それに居住性や設備までリフォームしたら一軒分の新築に匹敵するお金がかかってしまう事も考えられます。

何を優先するのか、どこまで考えるかによって、工事金額も大きく違います。
家の形状や、傷み具合や間取りが分からないとなかなかお答えしにくい内容ですので、資料があればもっと詳しく回答できるのですが。


事務所にお気軽にご連絡ください。 横山彰人

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

リノベーションは高くつく?安くつく? ぽぽんたさん  2009-02-06 11:22 回答4件
建替えの時期について gandam3jpさん  2012-06-24 14:49 回答1件
中古物件購入を考えておりますが。 ぽむさん  2014-11-09 01:09 回答5件
S61建築の中古住宅のリフォーム図面の作成について ゆきの花さん  2013-07-31 17:52 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

パネル交換によるリフォーム体験

リフォームとは、ちょっとしたアイディアから生まれて来るものです。

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)