生命保険の見直し - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の見直し

マネー 保険設計・保険見直し 2008/03/01 18:25

主人(50歳)の生命保険のことで非常に悩んでおります。

2年ほど前に独身時からのニッセイの終身保険(1000万)
の600万部分を生きるチカラに転換してしまいました。
お宝保険だったと気がついたのが最近で無知さに非常に
悔しい思いをしました。
かなり悩みましたが前向きに行こうと見直しをしていた
ところ主人の会社が危ない状態にあることがわかり
かなりの減給となり転職も視野にいれなければならなく
なりました。

そこで保険も当初の目的(保障を厚く)とは少し違い
お値段をおさえたいと思います。

生きるチカラは日額5000円で55歳払い、転換
価格は150万くらい充当されているようです。
解約して(140万ほど戻る)終身医療保険を終身払いで
どこか違うところでかけるか、そのまま生かしたほうが
よいでしょうか?
特約がはずせれば月4〜5000円ぐらいの払いです。

終身保険は月4500円ほど55歳までで400万
になります。

私の医療保険を今回新たに入ろうと(日額5000円)
検討していますが65歳払いにしたいところですが
やはり終身払いにしてお値段を抑えたほうがよいで
しょうか?

突然でバタバタしていて文章がわかりにくいですが
よろしくお願い致します。

補足

2008/03/01 18:25

追記 子供は高校生2人で大学進学を控えています。
持ち家でローンなし 貯蓄1200万ほど。
私は現在3〜4万の収入ですが他を求職中です。
10年ほどは保障を厚くしようと死亡保険を見直しをしていたところでしたのであわててしまいました。
よろしくお願いいたします。

きよかさん

回答:11件

釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

効率的な見直しが可能です!

2008/03/01 20:07 詳細リンク

きよか様、
この度はご質問いただきましてありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャル・プランナーの釜口です。
よろしくおねがいいたします。

実際に保険証券を見せていただいた上で、じっくりとお話させていただき既契約保険をどうしていけばよいかを判断させていただいた方が正確だと思いますが・・・


現状でお伝えしておいた方がよいと思われる点だけ書かせていただきます。

まずご主人が新たに保険に加入できるという前提のお話です。

1、「転換」をされてしまったとしても、まだ2年しか経過していませんので、「生きるチカラ」は解約して、違う保険会社で、終身医療保険と必要な死亡保障を確保された方がベターです。
ニッセイさんで医療保険を確保されるよりも、その方が保険料が抑えられるからです。

2、保険料を抑えるという目的ならば、お宝保険の一部分である終身保険の400万円分は「払済」にしましょう!
「払済」とは、保険料の払込をストップして、終身保険だけ確保する方法です。
最後までお支払いされるよりも、「払済」の方が対終身保険金額に対する保険料は安くなります(貯蓄率も高くなります)

このしくみはなかなかご理解いただけないのですが、もしご興味がありましたら、保険会社に「払済」後の終身保険金額がいくらになるかをご確認下さい。

ただし、「払済」にすると、特約は消滅します。
「払済」については、私の過去のコラムをご覧下さい。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.bys-planning.com/

以上よろしくお願いいたします。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
大村 貴信 専門家

大村 貴信
ファイナンシャルプランナー

- good

生命保険の見直しについて

2008/03/02 09:01 詳細リンク

きよか様

ご質問ありがとうございます。

しかしながら、転換時の説明不足があったことは否めなく保険会社としての在りかたを
再認識させられます。

やはり予定利率の話や単価の話はあってしかるところ不利益変更ということについては
お客様にしっかりとした後説明があるべきです。

今回のご質問については様々の方法があるかと思います。
きよか様のご家庭のご事情に鑑みて設計する必要があると思いますが、

まず、
1ライフプランシミュレーションをしてご家庭の現在、未来の予測を立てる。
2転換後の保険が有効か確認する。
3解約、もしくは部分的に解約、払い済み保険にしたり、減額+他社での再加入を考える。
4最も大切なことは、ご主人様の健康状態を把握する。これが保険の加入の前提になりますから。

いずれにせよ、個別な案件相談をされることをお勧めします。

きよか様のご家庭に役に立つ保険が備わることをお祈りしております。

回答専門家

大村 貴信
大村 貴信
(ファイナンシャルプランナー)
イーエフピー株式会社 ファイナンシャルプランナー、相続FP

保険の目的は給付をもらうこと。だから一生のお付き合いをしたい

「保険は人間の気品の源泉である」と福沢諭吉先生が「西洋事情」という著書で紹介された保険は、誰かの役に立つ・愛のある商品です。貴い真心とゆうきをもって夢に向かってお客様と一緒に保険を設計してまいります。

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険を全体的に見直したほうがいいでしょう。

2008/03/02 10:38 詳細リンク

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

保険証券ときよか様の今後についてわからないと見直しについての正確なお答えができないので、保険の考え方について少しお話します。まず保険は保険料から考えては失敗します。保険は確率でできています。他の商品と違いセールはありません。よってまず考えなくてはならないのが、保険の目的です。保険を何のために加入するのか。もちろん亡くなったとき、入院したときなどのためだとはわかっているかと思いますが、それで不安だから加入するのではありません。保険は万が一の時にお金に困るから加入するのです。ということは、万が一の時にどのくらいの金額を保険でカバーすればいいのか計算しないとならないのです。金額の目安がついたら、次に目的ごと保険の種類と会社を選ばなくてはなりません。日本は競争社会です。ひとつの会社ですべてが一番ということはありません。商品ごと保険を選ぶことによりいい商品でそして安く加入できます。
商品と会社を選んで理想の保険が作れたら、最後に保険料の検討です。もし高いようでしたら何か確率を落とし妥協しないとなりません。
詳しくは、私のコラムをご参照ください。

死亡保険の考え方
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/25920

死亡保険金額の計算の仕方
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/22163

遺族年金について(サラリーマンの場合)
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/22181

医療保険を選ぶポイント1
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/2050

医療保険を選ぶポイント2
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/2155

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

楽しく自分にあう商品選びへ

2008/03/02 10:52 詳細リンク

貴方の街のファイナンシャル・プランナー FP 富田浩司 です。


きよか様

保険選びは 楽しく 家族そろって 行う事が一番です。

保険は家の次に 高い買い物 と言われるように 重要性はとても大きいです。

保険は基本を理解できれば そんなに難しくは ありません。

例えば簡単にイメージしてください。

大きく別けると

生きている時に 自分がもらう 保険 と 残された遺族への保険です。

また 保険料を先に考えるのも 無駄を無くすと言う事で 必要と思いますが

万一の時 保険金を給付されて時に 保険の有難さを知るときに 満足いく給付が

本当にえられるか が 本当に重要です。

保障を下げると 保険料は下がりますが 給付の時に ガッカリ する事も

ありますので 是非 家族会議をして 楽しく 保険選びを してください。

あと 様々な 保険商品が ありますので 色々わがままを 聴いて頂ける

保険ショップなどにも 足を運ぶ事を お勧めします。


多数の保険会社を扱っている保険ショップに利点は 中立なことと

自分の都合で 来店できる事もありますので 気軽に ご利用下さい。



早くお悩み解決できれば良いですね。

http://1af.jp/

回答専門家

秋葉原成功塾 塾長 白メガネ FP 富田浩司
秋葉原成功塾 塾長 白メガネ FP 富田浩司
(東京都 / 秋葉原成功塾)
株式会社フォーチュンフィールド 秋葉原成功塾事務局
0120-915-419
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

安心のコンサルティング実績7,000件以上

秋葉原成功塾塾長として東京をベースに、経営コンサルタントとして活躍中!異業種10社以上の経験、証券・保険など金融経験を活かしたアドバイスでクライアントを本気で黒字にするお金の名医です。また、白メガネ ファイナンシャルプランナーとして有名!

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2008/03/01 19:25 詳細リンク

きよかさん、こんにちは。フォートラストの大関です。

状況はお察ししますが、保険料だけに着目して安易に削ることは
慎重になさって下さい。

それから、きよかさんご一家の家族構成や住宅環境、備蓄状況などがわかりません
ので「これが適正である!」という答えは出せませんこと、ご容赦下さい。

もう終身医療保険保険ありきという方向性になっていますので、以下は
その前提でお応えさせて戴きます。

ご主人の保険は、すでに転換(下取り)されているようですので、解約返戻金の
140万円がどうしても必要というのでなければ、他で入り直す必要はなく
このまま生かすべきだと思われます。

きよかさんの終身医療保険の2つの払込タイプにつきましては、「一長一短」
で、それこそ価値観次第です。

以下、簡単に纏めてみました。

・この終身医療保険は、生涯保有していたい
65歳以降に、掛金負担ゼロという安心感を優先⇒65歳払にすべき

・この終身医療保険は、生涯保有する確信がない
もっといい商品が出たらスイッチしたい⇒終身払で抑えるべき

是非参考になさってみて下さい。

山本 俊樹

山本 俊樹
ファイナンシャルプランナー

- good

必要な保険とは・・・?

2008/03/01 23:00 詳細リンク

シルバーバックの山本です。
ご質問の内容からは、今後どのような保険が必要なのかがいまひとつはっきりとわかりません。まず、必要な保険が何なのかをはっきりとお考えください。生きるチカラは医療保険+所得保障(万が一の場合に保険を年金形式で受け取る)+終身保険となっています。きよかさんのご相談では、ご主人のお仕事の関係からできるだけ保険料を抑えたいというニーズがまず第一にあるように思えます。その場合、まず、保険の優先順位を考えてみましょう。家族構成がわからないので生命保険がどこまで必要なのかお答えできませんが、お子様がいらっしゃるのであれば、まず、お子様が成人するまでの期間の最低限の生命保険を確保することを第一に考えるべきでしょう。
次に、医療保険ですが、現状での解約返戻金が140万円程度あるのであれば、それを将来の医療費用のために取っておくという考え方もできると思います。これはあくまでも、保険料をできるだけ抑えるという目的のためです。
もう一度整理しますと、まず、ご家族のための生命保険がいつまでどのくらい必要なのかを考えましょう。必要な分だけを収入保障タイプの生命保険か短期の定期保険に加入するのがいいでしょう。
また、医療保険については、現在の保険を払い済みの終身保険にして将来の医療費用のために取っておくということも一つのアイデアです。または、終身払いの終身医療か80歳までの医療保険で保険料を抑えて加入するということをお考えになってはいかがでしょうか。
はっきりとした回答を出すことができませんが、きよかさんご家族にとって必要な保険をもう一度考えてみてください。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

必要な保障は?健康状態は?

2008/03/02 06:37 詳細リンク

きよかさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

今の保険をどうするかの前に、今必要な保障は何かを考えましょう。
お子さんがまだ高校生と言うことであればある程度の死亡保障は必要でしょうね。
それに終身の医療保険はご夫婦ともにほしいいところです。

現在ご主人は50歳との事ですが、健康状態に問題はありませんか?
特に薬を飲んでいなくても健康診断で再検査や要経過観察などがあるようでしたら、今の保険を継続する方法でいかに安くするかを考えます。

健康状態に問題がなければ新たに入りなおして今の保険を解約する方法もあります。

医療保険に関しては年金生活に入ってからも負担のある終身払いよりは現役時代に保険料を払ってしまう方がいいとおもいます。

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

保険料払込期間を長期に!

2008/03/02 17:09 詳細リンク

きよか様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
私は銀行退職後ソニー生命で6年間の営業活動を行いその後独立。今に至っております。今回のきよか様からのご質問につきまして、お応えさせていただきます。
実際の保障内容がよくわかりませんが、家計のことを配慮すれば保険料払込期間を長期にして、保険料を下げることと思います。
以上

森 和彦

森 和彦
ファイナンシャルプランナー

- good

生命保険の見直し(回答)

2008/03/02 21:21 詳細リンク

きよかさん

はじめまして。

お気持ちお察しいたします。

しかしながら、

保険料から買える保険金額を考えることは、

万一の際の為の保険が機能しないので考え方を変えましょう。

まずは"必要保障金額"をだして見ましょう。

概算ですが下記のとおりです。

**(条件)不明な点は適当に入れました
・世帯主:50歳
・配偶者:47歳
・子供に人数:2人
・子供の年齢:16歳 17歳
・生活費月額:30万円 (貯蓄除き)
・現在の貯蓄額:1200万円
・厚生年金:あり
・平均標準報酬月額:30万円
・雑収入0万円


**(結果)
・必要生活費:8900万円
・子供教育費:1000万円
・葬儀+結婚費用:850万円
・年金:4900万円
・貯蓄:1200万円
・雑収入:0万円
"・必要保険金額:4650万円"

これをいかに安く買うかです。

現在の保険は払済にし、



収入保障保険を検討されてはいかがでしょうか。かなり保険料は下がるはずです。



"医療保険の短期払いと終身払いのメリデメ"についてですが下記のとおりです。

・短期払い(65歳払い)のメリット:収入があるいうちに払い終える。

・短期払い(65歳払い)のデメリット:月額保険料が高い。

・終身払いのメリット:月額保険料が安い

・終身払いのデメリット:総支払金額が高くなる可能性が高い。

そのた参考になれば幸いです。保険業界で頑張る社長のblog

あいおい損保 あいおい生命 代理店 有限会社プリベント

ファイナンシャルプランナー 森 和彦

笹島 隆博

笹島 隆博
医療経営コンサルタント

- good

生命保険の見直しについての回答

2008/03/03 08:33 詳細リンク

きよか様、はじめましてクロスロードの保険職人笹島隆博と申します。

保険については様々な見直しの仕方がありますが、10年間の保障を厚くしたいのであれば、いつ

つかの保険会社で相見積もりを取った方がよろしいいかと存じます。

その際にご主人がタバコを吸わない方であれば、かなりのコストダウンできる場合もありますの

で、ノンスモーク方の生命保険が何種類かありますので、お近くの代理店さんで聞いてみるといい

のではないでしょうか。

次に医療保障ですが、これもまた様々な会社がありますのでいつつかの保険会社で相見積もりを取

った方がよろしいいかと存じます。

その上で、現在の保険内容の支払い保険期間と保険料をご自身で比較してみてください。

最後に終身保障ですが、保険料の支出を抑えたいのであれば、以後の保険料の支払いをなくすこと

ができる払済(はらいずみ)という手法がございますので、最寄の日本生命のご担当者に相談され

た方がよいと思います。

以上、お役に立てましたら幸いです。


保険商品は最後に検討しましょう

2008/03/02 14:19 詳細リンク

遅ればせながらご回答申し上げます。

保険を検討するときに、商品から検討するとまた将来

「この保険でよいのだろうか?」

と悩むことがあるかもしれません。


ここは、じっくりとどのような保障があればよいのかをまず考えましょう。





私なりにポイントと思うことをまとめると

1.万一を想定し、必要補償額を考える

2.国の補償(遺族年金、高額療養費制度、介護保険)を確認する

3.必要補償額の大きなものから保険の活用を検討する

4.リスクに対し、すべて保険でまかなうと保険料負担が大きくなります。貯蓄も活用できないかを検討する


必要保障に対しご自身でまず向き合い理解しないと、満足行く保険作りは難しいと思います。


保険商品をどうするかは、最後に考えてください。


生命保険を考えるときに、もっとも大切だと思うことを
30ページほどのレポートにまとめました。
生命保険に楽しく向き合えると思います。
http://www.kawamotoikunori.com/osusume.html

ご家庭がよりよいものになるようなお役立ち情報を
保険情報とともにメールマガジンで発行しています。
お気軽にご購読ください。
http://www.tokyorisk-s.com/melmaga.html

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険の見直しについて mappy2guppyさん  2014-03-22 00:38 回答1件
保険の見直し(共働き)、余裕資金の運用について milktea2さん  2013-12-27 15:33 回答3件
生命保険で老後資金貯蓄は難しいでしょうか? momo03さん  2012-10-18 11:39 回答2件
保険の見直しを検討しています momo03さん  2012-05-25 16:47 回答4件
保険の見直し うつ病歴がある場合 tomboさん  2011-06-17 12:33 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)