どうすればいいのでしょうか? - マッサージ・手技療法 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

どうすればいいのでしょうか?

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2008/01/10 12:04

どちらで質問していいのか分からないので、こちらで失礼します。
呼吸器疾患の母が人工呼吸器をつけて寝たきりの状態です。薬を使って眠っていることが多いですが、目を覚ますと水を飲みたがったり、冷たいものが食べたいと言います。しかし、先日看護士より『食事や水分補給は、誤飲につながり肺炎を起こしかねないのでやめるように』と言われました。ところが医師曰く、『好きなものを食べさせて良い』とのこと。状態から言って長くは生きられないので好きなものを食べさせてあげたい気持ちと、肺炎を起こせば確実に死んでしまう…。などいろいろ考えるとどうすべきなのか。実際のところ人工呼吸器をつけている患者さんが食事をするのはよくないのでしょうか?医師と看護士がそれぞれ違うことを言うのでどうしたらいいのか分かりません。ちなみに点滴で栄養補給はしています。

ももひめさん ( 千葉県 / 女性 / 32歳 )

回答:2件


基本的には、

2008/01/10 12:46 詳細リンク

基本的には医師に相談して下さい。

確かに嚥下(飲み込む)能力が低下していて、口から食べたものが肺に入り、その結果、肺炎になりやすくなります。

看護師さんは、おそらくそれを恐れて、やめるように助言されたのだと思われます。
一方で、医師は、QOLと呼ばれる生活の質を高めるために、食べたいものを食べてもらうのが一番と考えていらっしゃると思います(最悪の場合は、肺炎になったとしても)。

その点を医師と相談し、御家族の方達と相談して、食事を食べさせるかを決めていただければ、良いのではないでしょうか?

残された時間を大切にして下さい。

ご参考になれば幸いです。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


予防法

2008/01/10 16:20 詳細リンク

こんにちは。

あくまで私見ですのでそれを踏まえてお読み下さい。

誤飲や肺炎は、結果であってこれを予防すれば良いと思います。
確かに老人になると、咀嚼(かむ)、嚥下(飲み込む)機能の低下により
誤飲してしまう可能性はあります。
しかし、好きなものが食べれなかったり、水分を補給できなかったりすることは、
ご本人のQOL(生活の質の向上)を考えた時に、どうなのかなぁと思います。

予防法として
・食べる量を少しずつ、口に入れたものがなくなってから次を入れる。
・食事に集中できるようなする。テレビなどはできるだけ消しておく。
・入れ歯など口腔内の状態を清潔に保つ。
・食後1〜2時間くらいはなるべく横にしない。

あくまで予防に過ぎませんが、予防に勝る治療はなしという感じです。
介護する方の精神的・肉体的な負担は計り知れないものがあります。
ただ介護する側の配慮で予防は可能だと思います。

あとは担当医師の判断によると思いますので1度きちんとご相談してみてください。

参考になるか分かりませんが・・・

お大事にして下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

医師の見解の違いについて なおとさん  2008-06-16 11:47 回答3件
体調不良 ごま最中さん  2007-06-08 14:21 回答7件
頸椎ヘルニアと肩関節炎症のリハビリについて chelseafcさん  2016-04-24 15:18 回答1件
こういう治療法はありますか ayanさん  2016-01-29 02:45 回答1件
肩凝り achachabooさん  2012-10-18 14:41 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

【電話カウンセリング】なるべく早く聴いて欲しい!相談したい!

なるべく早くご相談したい、話を聴いて欲しいといった方に対応します

小日向 るり子

フィールマインド

小日向 るり子

(心理カウンセラー)

みき いちたろう

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター

みき いちたろう

(心理カウンセラー)

メール相談

メールカウンセリング

あなたのペースで、少しずつでも前に進めるよう、精いっぱいサポートさせていただきます。

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

対面相談 東京・銀座の心療内科・精神科
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))