年齢差21歳−再婚(自分は初婚)のライフプラン - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

年齢差21歳−再婚(自分は初婚)のライフプラン

マネー 家計・ライフプラン 2006/10/15 11:03

2年程つきあっている48歳の彼がいます。私の年齢は27歳であり結婚経験はありません。その人は来年4月の年金分割制度施行後、現在の妻と離婚する予定になっており、離婚後に時期を見て私と結婚しようとしています。現在の妻との間に大学2年の娘と高校2年の息子がいます。大学2年の娘は国立大学です。現在住んでいるマンションは妻に譲る予定であり、住宅ローンはまだ残っています(65歳まで支払うとのこと)。年収は来年から1800万になりますが(現在は1000万)、
慰謝料と教育費で半分くらいなくなるとのことで、純粋に私との新生活に使えるお金は800万くらいとのことです。
彼は国家公務員ですので共済年金に20年以上加入していたそうです。しかし、来年からは職場が変わるので、おそらく社会保険になるのだと思われます。(保険は現在の妻と婚姻歴22年分を分割するとのことです。)
彼にも私にも財産や貯金はほとんどありません。
私は医療関係の仕事についており、結婚後も仕事を続けるつもりです。(10年後には年収おおよそ500万程度になると思います。)
ライフプランとして、子供を2人程産み、育てたいと考えています。

21歳という大きな年齢差があるので、将来的なお金の不安が漠然とあります。
やっていけるかどうか、それを判断する基準や、今しなくてはならないことなど具体的に教えてください。
私は5年間は国民年金を支払っていく予定なのですが、
結婚した場合、扶養になっておいた方がいいかどうかも知りたいです。彼の仕事は歯医者なので、リタイヤする年齢は健康であれば75歳くらいだと思います。

みくさん ( 東京都 / 女性 / 27歳 )

回答:4件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

明日からのライフプランを纏めてみましょう

2006/10/20 16:46 詳細リンク

みく様、ご質問有難うございました。FPの吉野と申します。
お二人は壁を乗り越えてのスタートになりますから、みく様が将来について不安を感じるのは当然と思います。その不安を取り除き、安心してスタートを切るために、ライフプランの作成をお勧めします。
お二人でこれからのライフイベント表(サンプルは私のホームページにあります)を作成してください。
本年からお相手が仕事を離れる75歳+5年ほどの期間、年度毎にイベント(結婚年、引越し、お子様誕生、教育計画等々)を書いてください。それにより、お二人の生活の推移が見えてきます。
そして、お二人の収入と収支(キャッシュフロー表)もあわせて記載し、それらのイベントが無理なく賄えるかを確認します。このような手順でより将来の生活が明確に捉えられます。その上でお二人の働き方や生活設計をお決め下さい。

判断基準の中に次のことを確認されるようお勧めします。
1.離婚時の慰謝料や養育費の見積り、居宅の変化などの費用。
2.お相手の年収が来年から800万円増加するとの事。転職または開業でしょうか。それに応じた支出を確認されると良いと思います。
3.ローンが残っているとの事、この金額が不明ですので、是非収支計画には反映してください。
4.5年間国民年金に加入されるとの事。みく様のお仕事は自営業でしょうか。その仕事からの収入から推察するとご結婚後はご主人の扶養には入れません。お仕事をお続けになる将来計画を作成下さい。

是非お二人でライフプランを作成され、不安を取り除き安心してスタートしてください。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

今思っていること感じていることを書き出しましょう。

2006/10/25 02:13 詳細リンク

みくさん、ご質問ありがとうございます。
年の差が大きいということを中心に様々な不安があり、その不安をどうクリアしていくのか?
これからの行動次第で大きく変わってきます。
せっかく大きな決断をされたのですから、将来への準備は早めにしっかりと行ってください。

まずは、今思っている不安な部分、不明な部分の項目を1枚の紙に書き出しましょう。
そして、20年くらいのライフプラン表とキャッシュフロー表を作成してみましょう。
作成に自信が無い場合にはFPに依頼し一緒に作成するか、作成したものを見てもらうことで不安を解消しましょう。

お仕事についても無理に扶養になる必要はありません。
みくさんが今後どうしたいのか?が重要です。
家庭での仕事もあるでしょうから、ご主人と相談の上決めましょう。
現在貯金が無い状態ですので、今後のことを考えれば早急にある程度の金額まで貯蓄額を増やすことは必要です。

回答専門家

大間 武
大間 武
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

山本 俊成

山本 俊成
ファイナンシャルプランナー

- good

まずはライフプラン表の作成を

2006/10/16 06:30 詳細リンク

みく様、はじめまして。
FPの山本俊成と申します。

まず、一般的でない形のご家庭になりますので、不安も多いかと思います。
現在のローンの返済、ご主人様のお子様の教育費、これから生まれる子供の教育費、慰謝料の支払い、老後の生活費、等々検討しなければならないことがたくさんあります。

これらを整理するために、まずはライフプラン表の作成をお勧めします。
ライフプラン表で今後発生するライフイベント、及びキャッシュフローを整理することによって、いついくらお金がかかるか、必要かがわかり、今すべきことがはっきりします。
将来の資金計画が明らかになれば、不安も解消されるのではないかと思います。

年齢差はありますが、幸いにご主人様が定年がない仕事であるため、定年により収入ダウンが予想されるサラリーマンよりは老後の設計がしやすくなると思います。
もちろん健康であることが前提ですが・・・。


ライフプランニングから始めてみましょう

2006/10/15 14:45 詳細リンク

みくさん、こんにちは。お問い合わせありがとうございます。
回答が公開されますので、あまり具体的なアドバイスにはならないかもしれませんがご了承ください。

まず、相手の方の年収等記載されている金額は、所得でしょうか収入でしょうか?
平たくいえば、もろもろ控除される前の金額なのか手取りなのかということです。

どちらにお住まいなのかにもよりますが、800万円という金額(所得か収入かはわかりませんが)で4人暮らしというご家庭も世の中にはたくさんあると思います。

ただ、みくさんと相手の方の場合は、住宅資金、教育資金、老後資金を準備する期間がかなり重なります。
したがって、まずは「漠然とある将来的なお金の不安」が本当にあるのかどうかを確かめるためにも、ライフプランニングからはじめてみてはいかがでしょうか。
何年後くらいに第1子が欲しい、とか、何年後にはマイホームを買いたい、とか、ライフイベント表をまず作ってみるといいと思います。

ところで、ご質問内容で気になる点がありました。
「医療関係の仕事についており、結婚後も仕事を続けるつもりです」とのことですが、一方で「5年間は国民年金を支払っていく予定なのです」というのはどういう意味でしょうか?お勤めされている会社で厚生年金等の社会保険は適用になっていないのでしょうか?
「結婚した場合、扶養になっておいた方がいいかどうか」とのことですが、年収が一定額を超えるとそもそも扶養になれません。もちろんご自身が正社員として働いている、という場合も扶養になれません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

今後のライフプランについて oiak3535さん  2011-04-23 01:06 回答3件
毎月末になると吐き気がします koike3さん  2014-07-23 19:06 回答1件
ライフプランと貯蓄 shion35さん  2011-10-21 18:15 回答3件
母子家庭のマネープランについて テケテケさん  2010-01-29 22:07 回答3件
50歳におけるすべての見直しお願いします。 ケンママさん  2008-08-03 00:19 回答8件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

プチ・ライフプラン設計(提案書付&キャッシュフロー表付)

将来のお金のことが心配ではありませんか?キャッシュフロー表で確認出来ます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

マネー相談(2回目以降)

ライフプラン・資産運用・保険・住宅購入など

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)