適職をみつける方法はありますか? - キャリアプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:キャリアプラン

適職をみつける方法はありますか?

キャリア・仕事 キャリアプラン 2006/09/15 03:08

一度仕事に就いても、自分には向いていない気がして、転職を繰り返しています。適職を見分けるにはどうしたらいいですか?適職診断テストはどのくらい参考になりますか?

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:3件

齋藤 めぐみ 専門家

齋藤 めぐみ
キャリアカウンセラー

1 good

自分の適職とは?

2007/03/05 16:18 詳細リンク

キャリアカウンセリングの講義の中で、
実際に適職診断テストなどのアセスメントの
講義があり、私自身も受けてみました。

実際に自分の志向などを客観的に見られるので、
参考にはなります。
ただし、そこで上位に表示されていた適職については、
実際に本当にそれが合っているのかは、わかりません。

ちなみに私は心理カウンセラー、作家、スポーツの
インストラクター、農業従事者・・・などなど、
なかなかトライできにくいものが上位に並んでいました(笑)。
(傾向として言えることは組織より個人でやる
仕事が向いているのかとは感じましたが)

現在「職種名」だけでは自分への適合度は、
わかりにくいと思います。
企業側のビジネスモデルの多様化により、
職種という分類だけでは仕事が括れないのです。
業界や企業によって、同じ職種名でもやることは
異なりますしね。

大事なことは「向いていない」と感じるのが、
「業界」なのか「仕事の進め方」なのか、
「会社の方向性」なのか「上司との相性」なのか、
など、ご自身が働く上で大事にしたいことは、何か?
ということをきちんと理解した上で、
職業選択をされるといいと思います。

適職診断以外にもアセスメント(診断)ツールは、
ありますので、いろいろ調べてみてくださいね。

回答専門家

齋藤 めぐみ
齋藤 めぐみ
(キャリアカウンセラー)
キャリアカウンセラー/キャリアコンサルタント

最後に決めるのは自分。人生に迷ったときのキャリアカウンセラー

ソフトバンクBB株式会社で人事・採用業務に携わり、その後、大手人材会社にて求人開拓営業などに携わる。2007年に独立し、現在はフリーのキャリアカウンセラーとして、経営者や一般の方の相談を受けている。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
鴫原 弘子

鴫原 弘子
経営コンサルタント

- good

自分の気持ちと、シンプルに向き合いましょう!

2007/03/05 18:20 詳細リンク

こんにちは、しぎはらです。

適職診断テスト。私も何度か受けた事があります。
一番最近では、今年の2月、研修講師の仕事に関する、新規契約会社。

結果に示された自分の適職を眺めながら、
これまでの自分の職業を照らし合わせてみました。

結果から見ると〈概ね該当していた〉という事になりますが、
実際の職業とのズレが、かなりあったことも事実です。

私が感じる、適職判断の示す答えとは
【その人の性格・思考・感情などの要素から
その要素を必要とする職業を当てはめたもの】
という印象を受けます。

一度仕事に就いても、自分には向いていない気がしたり、
適職を探して転職を繰り返してまうの事は、
自分に対しても、将来に対しても、不安な気持ちになりますよね。

少し厳しい意見ではありますが
【転職を繰り返す=自分との向き合い方が曖昧】
な人が多いような気がします。

「働くとは人生そのもの」
なぜなら、1日の大半を仕事時間に使うのです。
適職は、見つけようとする真摯な想いが無ければ
永遠に見つかりません。
それは同時に、「自分はこれをやりたい」という意志を
明確にするという事です。

1.どのような人生を送りたいのか?
2・何を幸せと思うのか?
3・その為に自分にとって、仕事とは何なのか?

ここをじっくりと考えることは、とても大切なのです。
地図があっても、目的地が決まらないと永遠に辿り着けないのと同じです。

あなたは、何処に向かって歩いているのでしょう?
それが見えた時、自ずと適職への道も開けてくるのだと思います。

シンプルな気持ちで、もう一度自分と対話されてみたらいかがでしょう?


適職に就くことにこだわり過ぎないでくださいね!

2006/09/21 20:47 詳細リンク

適職を見つけるために、適職診断テストは、一つ有効な手段です。結果によっては、自分では想像もしなかった職業が結果で出て、自分の新たな可能性を知るチャンスともなります。

ただ、その際、結果で出た職業そのものには、あまり拘らない方がいいと思います。その職業が結果として出た背景にある、自分の価値観や興味・関心のある分野、欲求などに気づくよう心がけてみてください。
そのためには、その診断結果をどなたか別の方、できれば専門のキャリアカウンセラーと共有し、別の視点から、自分が気づかなかった一面を発見するお手伝いをしていただくといいでしょう。

もう一つ気をつけていただきたいことですが、適職診断テストはあくまでも、自分の適職を知るきっかけでしかないということ。仕事には、当然スキルや知識、経験なども必要ですから、いくら向いている、ということが分かったからといって、すぐにその仕事に就けるとは限りませんし、例え就いたとしても、すぐに実績をあげ、活躍できるかどうかは、残念ながら分かりません。

自分の適職を見つけ、その職業に就き、天から与えられた才能を十分に生かしていくことはとても大切です。最終的にはそれを目指すべきだと私も思います。

でも最初から適職に就くことにこだわりすぎて、結果的に自分の可能性を狭めてしまうよりも、せっかく今の仕事に就いたなら、その目の前の仕事を、ストレスを溜めすぎない程度に頑張ってみて、頑張る中で、適性を含めた自分自身のことを徐々に見極めてみてはいかがでしょうか。
少々辛くても、頑張ってやり遂げることで、きっと、自分自身や仕事に対して新たな発見がたくさんあるはずですよ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

やりたい仕事と向いている仕事は違う? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答4件
男 30歳 未経験 経理への就職 keiri2さん  2015-11-20 22:52 回答2件
大学中退からの就職 AAOさん  2009-11-16 05:12 回答1件
新卒での就職 zoooooooさん  2009-11-10 17:13 回答2件
限界を感じています 不安ばかりさん  2009-09-13 19:20 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

レッスン・教室

就活 自己分析・探求「自分の“キャラクター”を見てみる」

就活を強い気持ちで望んでいけ、チャレンジしていけます!

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

電話相談

ライフキャリア全般を相談ください!

あなたのキャリアをプロデュース(スカイプ相談)

高木 透

株式会社レイクウイング

高木 透

(キャリアカウンセラー)

タカミ タカシ

日本キャリア・コーチング協会(JACCA)

タカミ タカシ

(キャリアカウンセラー)