休職・傷病手当金受給中の起業について - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

休職・傷病手当金受給中の起業について

法人・ビジネス 独立開業 2016/09/20 18:14

現在うつ病で休職中(1年1カ月)、傷病手当を受給している24歳OLです。
症状は少しずつ良くなってきているものの、復職は難しく、近々退職を予定しております。


そこでこれからの働き方を考慮した結果、個人事業主で起業・開業したいと考えております。
つきまして、いくつか質問がございます。

[1] 傷病手当を受給しながら、起業活動(準備ではなく、実際に活動を行いお金を頂戴する)を行っても大丈夫でしょうか。

[2] 1が不可能な場合、【手当金の申請を行わず、籍だけ残し活動する】or【退職して活動する】どちらのほうがいいのでしょうか。
※会社規則では副業OKです。

[3] 退職した場合、保険の切り替え等のほかに、どのような届け出が必要でしょうか?
(開業届、青or白色申告・・・どれをいつまでに行えば良いのか)

[4] 退職した場合、収入が増えるまで父親の扶養に入りたいと考えております。今年度の手当金受給額の合計が130万を超えそうなのですが、それでも入れるのでしょうか?

[5] このような質問は、労働局・ハローワーク等どこにすればいいのでしょうか?


質問内容が、起業・退職後についてと混ざってしまって申し訳ございません。
ご回答よろしくお願い致します。

rina36さん ( 埼玉県 / 女性 / 24歳 )

回答:1件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

- good

休職・傷病手当金受給中の起業について

2016/10/18 21:11 詳細リンク

rina36さんこんにちは。
各ご質問について、順番に回答します。

[Q1] 傷病手当を受給しながら、起業活動(準備ではなく、実際に活動を行いお金を頂戴する)を行っても大丈夫でしょうか。
[A1] 起業活動をしても、健康保険組合が労務不能に該当すると判断し、受給可能な場合もあります。活動内容によりますので、ご加入の健康保険組合にご相談ください。

ご参考(平成15年2月25日保保発第0225007号より抜粋)
本来の職場における労務に対する代替的性格をもたない副業ないし内職等の労務に従事したり、あるいは傷病手当金の支給があるまでの間、一時的に軽微な他の労務に服することにより、賃金を得るような場合その他これらに準ずる場合には、通常なお労務不能に該当するものであること。

[Q2] 1が不可能な場合、【手当金の申請を行わず、籍だけ残し活動する】or【退職して活動する】どちらのほうがいいのでしょうか。
[A2] リスクを考えた場合、起業活動が軌道に乗るまでは、籍を残して活動したほうがいいかと思います。
ただし、会社規則で副業が認めていても、業務へ悪影響があると判断した場合は禁止することができます。rina36さんの起業活動に悪影響がある場合は、退職という選択もあるかと思います。その際は、会社と十分な話し合いを行った上、慎重にご判断ください。

[Q3] 退職した場合、保険の切り替え等のほかに、どのような届け出が必要でしょうか?
[A3] 退職するかに関わらず、個人事業主として起業した場合に以下の届け出が必要です。
手続きに関する相談は税務署で受け付けています。
個人事業の開業・廃業等届出書:開業日から1ヶ月以内
青色申告承認申請書 :開業日から2ヶ月以内(1月1日~15日の間の場合は3月15日まで)

[Q4] 退職した場合、収入が増えるまで父親の扶養に入りたいと考えております。今年度の手当金受給額の合計が130万を超えそうなのですが、それでも入れるのでしょうか?
[A4] 年収上限(健康保険:130万円、所得税:103万円)を超えていますので、扶養家族になることはできません。

[Q5] このような質問は、労働局・ハローワーク等どこにすればいいのでしょうか?
[A5] 各質問に相談先を記載しましたので、ご覧ください。

上記の内容で参考になりましたでしょうか。
rina36さんの起業活動のご成功をお祈りします。

健康保険組合
個人事業主
起業
開業
傷病手当

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

音楽家の扶養や税金について Defp726さん  2014-11-24 08:21 回答1件
海外在住中に個人ビジネスを始める際の税金について 555はなさん  2016-03-30 09:32 回答1件
友人と起業を考えています haru-bo-さん  2016-04-06 00:51 回答1件
会社員と個人事業主について askayuumiさん  2015-02-23 23:44 回答1件
パート+個人で開業予定。専従者の雇用は可能か? ここささん  2016-10-05 19:27 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)