両親の扶養について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

両親の扶養について

マネー 年金・社会保険 2015/12/30 14:52

現在私は両親(父69歳母64歳)と同居です。
父・母共に年金受給者ですが、父はシルバー人材で100万程度の収入はあります。
私の年収約300万程です。
両親を扶養にする事は出来るのでしょうか。
以前会社に確認した所、父が生存している場合は出来ない。と言われたのですが少しでも両親の負担が減ればと思いまして質問させていただきました。

リンチャンさん ( 茨城県 / 女性 / 39歳 )

回答:2件

年金が123万円以内であれば、扶養控除対象になります。

2015/12/30 16:57 詳細リンク

リンチャンさん はじめまして
税理士の柴田博壽と申します。
お答えします。
お母様は、お父様の控除対象配偶者になっていなければ、控除対象親族になれます。
お父様が、もし年金収入があるとして、どれくらいの金額なのかが気になります。
もし、公的年金であれば、収入が120万円までは控除対象親族に該当します。
まず、給与収入が100万円ですから、給与所得金額が35万円です。年金収入から120万円を差し引いた金額が雑所得となります。これが、3万円を超えた場合、所得金額の合計が38万円を超えますので、その時は、控除対象親族になれませんのでご注意ください。
ご参考になれば幸いです。

扶養控除
公的年金
配偶者
雑所得

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
(東京都 / 税理士)
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
平松 徹 専門家

平松 徹
社会保険労務士

- good

ご両親の年金額次第です。

2015/12/30 20:17 詳細リンク

社会保険労務士の平松です。

扶養の基準ですが、年金受給者の場合年間収入が180万円未満でないと扶養から外れます。

ご両親それぞれで判断されます。
年金とそれ以外のすべての収入の合計で、180万円未満ですと扶養OKです。

扶養は夫婦でなく、それぞれ一人ずつが認定対象になります。

会社の方でだめだったのは、それぞれの年収が180万円を超えていたのではないでしょうか。

わからないところ、またご相談ください。m(__)m

180万円

回答専門家

平松 徹
平松 徹
(千葉県 / 社会保険労務士)
株式会社 ソフィア 所長

役に立ってなんぼの経営コンサルタントです。

顧客の役に立てたときに喜びが大きいですね。そのためには顧客のニーズをしっかりと把握すること、それに応えるにはどのようにしたらよいか、いろいろと悩むことが多い毎日です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

難病指定を受けている母との世帯分離 染子さん  2017-04-17 21:42 回答1件
遺族年金の受給資格 BEANさん  2015-08-24 06:14 回答1件
実家の両親を扶養に出来る?医療費は? ウメマァさん  2016-03-01 18:50 回答1件
同居の両親を私の扶養に入れた方がいいかどうか パーリーさん  2016-01-18 19:36 回答1件
年度の途中で扶養を抜ける場合について じぇにさん  2016-01-07 22:37 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

メール相談

住宅ローンのメール相談(提案書付&キャッシュフロー表付)

住宅を購入する方&借り換えをご検討されている方に、後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 投資マンションの売却相談
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)