家置調査 - 住宅・不動産トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

家置調査

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2015/03/22 13:46

隣の家が売りに出され、全て取り壊し分譲住宅を建設するとのことなので、
工事に伴い建設会社の挨拶があった際に、工事での我が家の被害がないよう、
また問題があった際、工事での被害関係を証明しておくよう、
家置調査を依頼したとこ、測定業者の手配及び費用を全額こちらで負担し
勝手に行うよう言われましたが、本来建設会社とうちとでどちらが負担をするものなのでしょうか?

HIIKOさん ( 神奈川県 / 女性 / 40歳 )

回答:3件

工事前の家屋調査は工事する側がおこなうものです。

2015/03/23 13:50 詳細リンク

HIIKO さま
はじめまして
SOCIUS 岩間隆司 と申します。

お隣や近くで何かの工事が行われるさい。
その工事着手に先立ち、工事の影響で不具合が発生しそうな建物など
今回のHIIKO さんのように、あらかじめ調査をしておくことはあります。
工事が完了した後、万が一不具合がみつかった場合、その工事の影響に
よったものだったのか否かを判断できるようにするためです。

たとえば、お隣の方から
‥ここにクラック(ヒビ)が入ったのは、工事のせいでしょ。弁償して!
と、詰め寄られても
‥いえいえ、この写真のように、はじめからクラックはいってましたよ。
と、工事業者さんが、反論できるようにするための資料が家屋調査です。

つまり、工事業者さん自らが、トラブル回避のためにおこなう業務です。
費用が発生するとゆうならば、とうぜん、工事業者さんの負担です。

こういったことをお隣のHIIKOさんから申し出る、ということは、逆に
良心的なことであり、工事業者さんに理解してもらうとよいでしょう。

いかがでしょうか。

家屋調査
建物
資料
工事

回答専門家

岩間 隆司
岩間 隆司
(東京都 / 建築家)
株式会社ソキウス 代表取締役
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

岩間 隆司が提供する商品・サービス

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

メール相談

建築家による土地活用の提案 【集合住宅】

え!こんな土地でも活かせるの!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
佐山慎英

佐山慎英
建築家

- good

工事に現場打ち杭や巨大な地下

2015/03/24 06:15 詳細リンク

など特殊な工事や巨大なマンション建築を建てる場合はありますが。通常の木造住宅をたてるにあたり、隣がかたむくことなどありえません。そのようなこと言い出したら普通のサラリーマンが家をたてられなくなります。
せいぜい大工さんの電機ノコやカナヅチの騒音ていどのはなしです。それで家が傾き亀裂がはいることはありません。

補足

工事内容からいえば対象外です。

大工さん
中舎 重之

中舎 重之
建築家

- good

隣家工事の際の家屋調査

2015/03/24 09:04 詳細リンク

隣家の位置と方向から、家屋調査の必要性を推測しましょう。

隣地が南側にあり、建家を北側に寄せて来た場合:
お客様の南面の庭が隣地まで4m以上離れていれば、工事からの影響はナシ。
隣地が北側にあり、隣家が4m以上離して建てれば問題なナシ。

隣地が東西のどちらかにあり、境界線を挟んで、
お客様の建家と隣家との距離が2mも無い場合:
お客様の建家の外壁がモルタル仕上げの場合は、
ご自身で日付入りの写真を撮って下さい。写真は今日にでも写して下さい。
A4の紙に西面の北側とか南側と書いて看板として、写すのが良いですね。
何れにしても、ご自身の財産を護るのですから、
隣地の建設会社は当てにしないで下さい。

隣家の基礎が、流行のベタ基礎ならば、掘削も浅く、地業も薄いものになります。
とすれば、隣家の工事からの影響は少ないと思われます。

ただし、お客様の土地が軟弱地盤であるならば、話は違います。
然るべき、調査会社に依頼して下さい。費用はご自身の負担になります。

2015.3.24 中舎重之 Fax:046-263-9324

家屋調査
境界線
ベタ基礎
写真
軟弱地盤

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

土地購入後の越境問題 マーヤさん  2014-09-30 02:29 回答1件
越境物の覚書 れんここあさん  2016-07-30 12:09 回答1件
契約後、井戸発覚。⇒重要事項説明書に記載なし。 豚カルビさん  2016-02-29 00:57 回答1件
中古住宅の虚偽について パグ丸さん  2015-12-03 12:44 回答2件
貸主に対する成約報酬賃料1ヶ月分は一般的か ピ―子さん  2015-07-15 14:54 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)