積立式投資信託の利益分売却 - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

積立式投資信託の利益分売却

マネー お金と資産の運用 2014/10/12 15:19

41歳の会社員です。

5年前ぐらいから、ネット証券会社を利用し、
いくつかの投資信託を組み合わせて毎月5万円ずつ積立しています。

大体、老後資金の確保を目的としております。

着々と積み立てられ、さらに最近評価額も上がっているのですが、
できるだけ確実に実益を確保するために
例えば、100万分の利益があった場合に、そのつど少しずつ売却する。という
方法はどうかな、と考えています。

つまり、数10年後、必要とするときに評価額がかなり下がってしまっていると
いう可能性も考えられ、回復までにどのぐらいかかるかわからないことも考えると、
今のうちに利益があった場合、それを定期預金などに入れておく
ということでそのリスクが減らせるように思うのですが、

一般的に、長期投資中は、保有口数を減らすべきではないのでしょうか?

yukimaru8さん ( 沖縄県 / 女性 / 41歳 )

回答:2件

三島木 英雄 専門家

三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

- good

積立投信の利益確定はリスクを減らす意味では有効です

2014/10/13 22:10 詳細リンク

yukimaru8さま

投資信託での積立投資の利益確定等についてご質問とのこと。
まず、投資を開始された時が非常に良い時期に始められたと思います。

一般的な投資信託を使いますと約5年前の2009年比では
添付の画像に記載しておりますが、どのような投資先でも利益があると思います。

主力が株式、REITであれば概ね倍、債券系でも3割程度は増えている感じだと
思われます。

60歳以降の資金用途であれば、まだ投資を開始してから5分の1と考える事が
できますが、yukimaru8さまがおっしゃられるように利益を確保して行きたいですね。


「リスクを減らす」という意味でyukimaru8さんのお考えは正しいです。
運用母体が小さくなりますから、価格の増減幅が小さくなります。


現在まで累計300万円程度拠出していて、仮に50%の上昇率で約150万の
利益ですが、今後母体が増えて行き10年後に累計1,000万円の拠出に
なっていれば、15%の上昇率でも同様の150万の利益を確保できます。
現在と同様の50%の利益があれば500万円の利益になります。

ただ50%の利益がある場合、同様に大きな損失になることも可能性として
ありますので、「投資信託の今後」が重要となります。
リスクをどの程度負うかで、運用パフォーマンスに差が出ると思って頂くと良いと思います。


今後行って頂きたい事としては
・現在の投資信託の投資パフォーマンスを確認
・現在の投資信託のリスク(価格変動)を確認

まず最低限、これを行う必要があると思います。
なぜ、このような作業が必要かと言いますと、毎月資金を追加していますので
投資元本も増え、「利益・損失」に対して今まで以上に大きな影響が出てきます。
投資している投資信託の今後は成長可能性が高いのか?今がピークと考えられるか?
その辺りは非常に難しいですが、見極めが必要となります。

モーニングスターの投資信託の情報が一番整理されていると思いますので
ご参考にして下さい。
http://www.morningstar.co.jp/fund/


保有口数が多くなりますと価格の変動に敏感になりますので
徐々にリスクを低減するために「運用先の配分変更」も意味があります。

現在株式系の投信が多い場合はその投資信託の積立て金額を減らし
安定的なものを増やすなどが一般的に行われる事です。

長年投資していて、最後の5年の間に過去に起きたリーマンショックの
ような事があるとそれまでの利益が無くなる可能性も勿論ありますので
老後資金であっても、積極的な投資期間を55歳程度と考えても良いと思います。

現在まで

今後5年

今後5年

今後5年

と徐々に「リスクを落とす投資配分」にされていくと良いと思います。

また利益確定の際には利益の20.315%%が譲渡益として課税されますので
「手取りは実質約8割」となります。

NISAでの積立ては拠出から5年後までの売却で非課税になりますから
投資の一部分を活用されても良いかもしれませんね。

NISA
老後
積立
投資信託
株式

回答専門家

三島木 英雄
三島木 英雄
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

三島木 英雄が提供する商品・サービス

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

対面相談

しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

~投資のリスクをしっかりと理解、確定拠出年金の制度をしっかり使いきろう~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

計画的な運用管理を考えてみてください

2014/10/17 20:25 詳細リンク

yukimaru8様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人です。

ご質問の件、5年くらい前から投資信託による積立投資をスタートされたのであれば、それなりに満足できる評価益を計上されているものと拝察します。

もちろん、どんな投資信託を購入しているかにもよりますが、実際に、私がご相談を受けている事例などからみると、投資元本 5万円×12月×5年=300万円 に対して、今は、80万~100万円くらいの評価益を計上しているのではないかと思います。

直近では、世界同時株安で少し調整していますので、80万円くらいでしょうか。

仮に評価益を80万円として、利回り計算してみると、年9%程度の運用が実現できていることになります。

その前提で、考えた方がよいのは、目標利回りとの兼ね合いです。

目標利回りは、運用可能資金(元本)と運用可能期間、将来の必要資金(目標額)から計算して割り出します。

例えば、老後資金の準備を目的として、30年計画で、3000万円の確保を目指す人のケースを考えてみます。

その場合、投資元本の 5万円×12月×30年=1800万円に対し、年3.2%程度の利回りを実現できれば、税金・手数料を考慮せず、約3000万円を達成できます。

もし本当に、年9%のペースで増え続ければ、30年後に、9千万円を超えますが、そのペースは、やや考えづらいので、現実的な目標利回りは、年3~7%程度までだと思います。

仮に、年3%を目標利回りとするなら、年9%のペースを実現できている今は、少し利益確定をしてもよいタイミングと判断できます。

なので、お書きいただいた利益分のみ都度売却というアイデアもわるくはないと思います。

ただ、その後、大きく値下がりした時は、利益確定分を再投資に回すと、長期的には、より効果的な運用になるかもしれませんね。

なお、一部利益確定は良いのですが、全部売る、全部買うのような極端なやり方は、避けた方が無難です。

仮に、全部売却して、そこからさらに、10%超の上昇があったりすると、あらためて買い直そうという気にはならなくなると思います。

マラソンの途中で、いったん完全に歩いてしまうと、再び走り出すのが困難な状況に似ています。

計画的な長期投資において、いきあたりばったりは、本当に失敗の元です。

ご参考にしてみてください。

相談
ファイナンシャルプランナー
運用
投資信託
積立

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

繰り上げ返済か分散投資か? 翔子さん  2015-01-27 13:51 回答3件
アクサ生命のユニットリンクについて datemoriさん  2015-04-14 10:50 回答4件
長期投資においての利益確保について しゅーぴんさん  2016-01-20 23:21 回答1件
投資信託のリバランスについて ブラックロックさん  2013-12-08 18:46 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 金融商品を買う前に申込むFP相談会
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)