夫の収入がいくらなら扶養に入るべきか? - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

夫の収入がいくらなら扶養に入るべきか?

マネー 家計・ライフプラン 2014/01/17 21:57

はじめまして、



現在子供(五歳)が1人

夫の年収が380万です

現在は扶養を外れて働いておりますが、3月に契約更新の際、扶養に入るべきか悩んでいます。

夫は以前から子供がまだ小さいので扶養に入って働いて欲しいとのことですが、
現在私の年収が今年の見込みが150万位です。

夫の会社では扶養範囲が108万までしかダメと言われたのですが会社によって違うものなんでしょうか?

42万の差だと扶養入るべきか外れたままフルで働くべきか悩んでいます。

猫大好きママさん ( 千葉県 / 女性 / 31歳 )

回答:1件

三島木 英雄 専門家

三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

2 good

働ける環境を縮小することは勿体ないと感じます

2014/01/18 07:07 詳細リンク

猫大好きママさま

扶養に関してご相談とのこと、今後「女性の働き方」は変化を向かえると
思いますが、まず数字上でご説明します。

現在は扶養範囲外で働いていおられるので、扶養範囲内と比べ
下記が影響しています。

・配偶者控除38万(ご主人様の給与から)
・国民年金、健康保険、所得税など(奥様の手取り)

仮に扶養内で働くと
上記、配偶者控除という「所得控除」が付くので、ご主人様の給与所得から控除でき、
結果としてご主人様の手取りが増えます。

ただ、ご主人様の年収から効果はそれほど大きくなく、
所得税で1,9万円、住民税で3,3万円程です。(年間)

これが給与所得が上がるにつれて税率も上がって行くので効果が大きくなります。
(所得税率20%程度の年収750万クラスで所得税7,6万、住民税3,3万程)


また現在奥様は健康保険や国民年金、所得税などを概ね25万程度
払っていると思いますが、その負担が扶養内で働くことでなくなります。

合計で約30万円程度かと思います。


それを簡単に比較すると

・年収100万円の仕事はそのまま手取り100万
・年収150万円の仕事は30万程度手取り減があり実質手取り120万

50万の所得格差が20万まで縮まってしまうというのが、簡単な比較です。

それらを考えて扶養内で働く、、、という選択肢は非常に多いのですが
今後、「配偶者控除」が永遠に続くとは限りません。


成長戦略を打ち出している安倍政権は他の諸外国に比べて
女性の働きやすさが非常に悪い今の状況を改善しようとしていますし
諸外国からも日本は「女性の活躍」をもっと応援すべき、と言われています。

今までは100万円を超える位なら、働き方を抑えよう、、、という
体質にこの数年で変化が出てくると思います。

いざそうなった時はやはり「働ける技能・スキル」が重要です。

「今」だけで考えれば扶養範囲内で働くメリットは高いのですが
将来的に考えると、「フルタイムで働ける」今の環境を縮小してしまうのは
勿体ないかもしれません。

個人的には今の150万円の収入をお子様の成長も見ながら
「伸ばしていく体質」を身につけられると今後の日本経済でも
対応ができると思います。

※扶養範囲ですが、会社の組合により若干規定が違う所が多いです。
103万でNGな所もあれば130万まではOKの所もあります。


少しでもご参考になりましたら幸いです。

補足

配偶者控除の廃止、縮小などは「議論」がされているだけであり
決まるとしても数年先ですが、女性が働きやすい環境作りの政策は
今後色々と出てくると思っています。

また、下記に103万円の壁のコラムを書いておりますので参考に
なさっください。
http://profile.ne.jp/pf/mishimagi/c/c-59103/

扶養
女性
国民年金
配偶者控除
所得税

回答専門家

三島木 英雄
三島木 英雄
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

三島木 英雄が提供する商品・サービス

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

対面相談

しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

~投資のリスクをしっかりと理解、確定拠出年金の制度をしっかり使いきろう~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

高齢出産で二人目。教育資金と老後資金に不安。 もんたひょうたさん  2012-03-06 20:30 回答2件
辞めたら終わりでしょうか? 粉雪さん  2009-04-07 00:36 回答4件
扶養控除について スヌーカさん  2015-11-28 21:41 回答1件
暮らし 生計について taro11さん  2015-01-09 02:12 回答1件
生活が苦しいです。 はなはなたろうさん  2014-10-04 22:58 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)