日本語サイトと英語サイト - Webマーケティング - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本語サイトと英語サイト

法人・ビジネス Webマーケティング 2007/08/17 11:28

日本語サイト・英語サイトを現在同一ドメインで運用しています。商品が同一のためページの内容もほぼ同一ですが、言語のみ異なっています。
リニューアルにあたり別ドメインまたはサブドメインにより日英を分けることを考えていますが、
・同一ドメインのまま
・別ドメイン
・サブドメイン
いずれが検索エンジン対策としては最も有効でしょうか。

補足

2007/08/17 11:28

沢山のご回答ありがとうございます。

新しいドメインは検索にかかりにくいとのことですが、ずいぶん以前に取得し使っていないものはどうなのでしょうか。

現ドメイン・未使用の別ドメインとも英語の単語ですので、いずれにしても英語サイト用には適しています。

あいざわさん ( 東京都 / 男性 / 47歳 )

回答:8件

小坂 淳 専門家

小坂 淳
ウェブ解析士マスター

- good

同一ドメインをお勧めします。

2007/08/17 13:47 詳細リンク

お世話になります。環の小坂です。

色々なケースがあるので、一概にはいえませんが、同一ドメインがよいと思います。

・検索エンジンは古いドメインの方を評価するので、もし既に取得した別のドメインを使うのでなければ、古いドメインの方がよい。

・サブドメインが効果があった時期もありましたが、今はあまりない。
また日本語と英語ですので、検索エンジンとして相互の補完性は少ない。
(同じ言語だと検索結果への表示面でまだ有利な点はありますが)

サブドメインにする場合は何らかのコスト(手間を含む)がかかると思いますが、それほど利便性がない。

ということです。

例外としては
・今のドメインに英語的にSEOを利かせられるキーワードが含まれていない場合、ドメインを取得した方がいい場合もある。(ドメイン名も検索対象であるため)
・既に古いドメインを別に持っている。
場合などがあります。

回答専門家

小坂 淳
小坂 淳
(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


目的にもよりますが

2007/08/17 11:46 詳細リンク

検索エンジン対策としておこなうのであれば別ドメインで制作するよりは同一ドメインもしくはサブドメインでおこなうことのほうがいいかと思います。

とにかく、持っているドメインのサイトをページ数を多く、内容も濃く、外部リンクも増やす・・・という具合に成長させていくことが一番大事です。

ただ、どのドメイン名が英語では変?(日本語をローマ字にしたものなど)だった場合は別ドメインの方がいいかもしれないとは思いますが。

他に不明な点などございましたらお気軽にお問合せくださいね。


日本語と英語ではキーワードが別とお考えください。

2007/08/17 12:10 詳細リンク

日本語サイト、英語サイトの運営については
・同一ドメインのまま
・サブドメイン
で良いかと思います。
商品名が英語表記で同じであったとしても、サブワードは違ってきますので、全く別のキーワードをフォーカスしたページになります。

新しいドメインは初期段階は上位に上がりにくいのでまずはそのままでよろしいのではないでしょうか。
英語版サイトを利用し海外への進出などが本格的な状態になってきましたら別ドメイン、別デザインのサイトを作り、海外へのプロモーション戦略をきちんと練ることをお勧めします。

よって、まとめますと
英語版サイトが日本語版サイトの補佐的な役割である場合には、
・同一ドメインのまま
・サブドメイン
で良いと思います。

運用面を考えるならばサブドメインが良いかも知れません。

英語版サイトのアクセスデータや受注状況などを確認し、本格的な対応が必要であれば、ドメインは元よりデザインなども変更をお勧めします。
(英語と日本語では空白の取り方や向いているデザインも多少、違ってきます。海外のサイトなどを参考にされると良いかもしれません。)


ページ数と内容によりますが

2007/08/17 12:13 詳細リンク

初めまして、マジック・プロジェクト 海岸と申します。

検索エンジン対策の一環で、言語毎に別ドメイン、又はサブドメインで運用する件についてですが、私の考えを述べさせていただきます。

まず、検索エンジン対策は大きく分けまして、内的要因と外的要因がございます。
詳しくは、弊社ホームページのコラムを読んでみてください。

SEOについてのコラム

内的要因の一つに、サイト内のページ数というものがございます。
運用されているサイトのページ数が少ない場合、分けると内的要因の評価が下がってしまいます。

次に外的要因で考えた場合、別ドメイン、又はサブドメインの方がリンクをされやすかったり、宣伝がしやすいというメリットがあります。

また、海外のディレクトリ検索エンジンに登録する場合、その国の言語で書かれているサイトという条件も入るケースも多いので、分けた方が有利なのかなとも考えます。

私であれば、日本語 100ページ以上、英語 100ページ以上であれば、サブドメインにします。

ページの内容にもよりますが、30ページ以内であれば私は分けません。
50ページ前後ですと悩みますね。
やはり、サイトの内容次第ですかね。

ちなみに、ドメイン名は取得してから日が浅いドメイン名は評価が低くなるといわれます。

以上、ご参考までに。


同一ドメインのままでよいと思います。

2007/08/17 12:32 詳細リンク

あいざわさんこんにちは!イージェーワークス樋口です。

僕は、商品・ページ内容が同じで言語だけが違うのであれば、同一ドメインのままでいいのではないかなと思います。

以前はサブドメインがSEO対策に有効というトレンドもあったようですが。。。

「サブドメインの利用の有無は、SEO の観点からのみ考えることはおすすめしません。」という著名なSEOコンサルタントのブログにも記載されてますし。
http://faq.sem-research.jp/2/20040321185019.html

商品・内容を海外ユーザ向けに最適化して、独自の運営形態で認知度を高めていく場合は、当然、初期のリスクはあっても独自ドメインでやるが良いと思います。(覚えやすさや紙媒体との連携を重視して)


どっちかな??

2007/08/17 12:47 詳細リンク

こんにちは
アド・プロモートの吉田です。

私的には、将来的に考えて別ドメインにした方がよいと思うのですが、現在使用中のドメインが結構古いものであればあえて新規でドメインとって分ける必要も無いのかな?とも思えます。

そうなるとサブドメインが有効でしょうか・・・
あいまいな返事でごめんなさい。

ただ、最近のエンジンはドメインの質と各ページの情報の確かさが重要視されているので、どれが絶対にお勧めって事は言えないのが事実です・・・

今後検索エンジンがどのようになるかは正直不明ですが、各ページの情報が大切だと感じています。

サイトを如何に可愛がってあげて、きれいに整備するか?が大切なんじゃないかな?と思いますがいかがでしょう・・・

そして1つのページに1商品の紹介を英語、日本語それぞれ別に設置してその商品の内容(情報)を充実させてあげてページを構築する事が望ましいと思います。

でもサービスの提供を受けるユーザーさんが英語日本語サイトの両方を見るような方が多いのであれば一緒がお勧めでしょうか?

あいまいな返事でごめんなさい。

インターネットだけに情報量と質が勝負になる事だけは事実です。(それが原点では無いでしょうか)

リニューアル後、良いサイトになる事を祈っております。


Re:日本語サイトと英語サイト

2007/08/17 23:32 詳細リンク

はじめまして、株式会社イーイットの細目と申します。

今回の質問についてなのですが、私は同一ドメインかサブドメインにてリニューアルされることをお薦めします。

SEO対策として、一時期、サブドメインがSEO対策として効果が高いと言われていた時期がありますが、現在は特にそこまでの効果は見込めなくなっています。

ただ、サブドメインを使うとSEO的に悪くなるということはないので、その辺りはお好みで使い分けされるのがよろしいかと思います。


ただ、現在のドメイン名が英語でのサイト内容に合致しないものであれば、別ドメインで運用されるのも手ではありますが、他の専門家の方たちがおっしゃる通り、別ドメインにされる場合のリスクもありますのでご注意下さい。


同一ドメインか、サブドメインで

2007/08/18 00:22 詳細リンク

あいざわさん、こんばんは。FLOWER GARDENの小澤みゆきと申します。

結果からいいますと、同一ドメインか、サブドメインが良いかと思います。

新規のドメインは検索にかかりにくいことが大きな理由です。

サブドメインはSEO対策に有効ともいいますが、今のところそれほどの効果は期待できないようですので、あまりお気になさらなくてもいいかと思います。
SEOについては、サーチエンジンの仕様の変更などが頻繁ですので、「今のところは」なのですが。

ただし、ドメインが和製英語や、日本語のローマ字表記のような場合は、英語圏用に、新たにドメインを取得することを考えても良いかもしれません。



良いサイトになりますように!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

海外向け情報サイトに、「〜.jp」ではダメですか? 専門家プロファイルさん  2008-05-08 10:40 回答6件
サブドメインか別ドメインか moriyoshiさん  2008-03-25 14:48 回答7件
サブドメインか別ドメインか moriyoshiさん  2008-03-25 14:37 回答8件
北米の会社よりSEO 対策 tonkoさん  2012-09-16 13:33 回答1件
ウェブサイトの集客対策について myukiさん  2009-03-11 11:15 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

SEO対策にあたっての自社サイト診断

インターネット集客のまず一歩はSEO対策から!

河井 大志

株式会社Smartaleck

河井 大志

(SEOコンサルタント)

メール相談

懸賞サイト登録代行 初回無料相談

ネットショップのプレゼント企画を宣伝してメールアドレス獲得&集客UP!

西野 公啓

株式会社ニシノ・アイティ・オフィス

西野 公啓

(ITコンサルタント)

対面相談

SEO対策面談

~SEOノウハウを社内に・今後のサイトの方向性の決定に~

河井 大志

株式会社Smartaleck

河井 大志

(SEOコンサルタント)

メール相談 SEO対策の診断
中沢 伸之
(Webプロデューサー)