まずは白色で? - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

まずは白色で?

法人・ビジネス 独立開業 2012/08/30 13:17

はじめて質問させていただきます。
今年三月まで、公的機関で月25万円で勤務しておりました。
行政書士としてこの12月に開業を考えております。
ただ、顧客があるわけでもなく、しばらくはは主人の扶養に社会保険上も入りたいと思っております。
月8~9万円ほどは、知人の紹介で仕事は発生する予定です。
周囲の人からは、まずは白色申告で!!と度々耳にするのですが、やはり白色申告なのでしょうか?
人を雇う予定も全くなく、一人で細々としばらくは頑張ってみたいと思っております。
来年3月に確定申告をする際、今年3月までの勤務先の源泉徴収票を提出することは、なにかメリットはあるのでしょうか?

開業3年目あたりから、青色に・・といわれるのはなぜでしょうか?

さくらさきさん ( 京都府 / 女性 / 46歳 )

回答:1件

大坂 寿徳

大坂 寿徳
保険アドバイザー

1 good

最初から青色申告でも良いと思います。

2012/08/30 16:04 詳細リンク
(5.0)

さくらさき 様

初めまして経営コンサルタント兼保険代理店の大坂と申します。

独立おめでとうございます。

起業するにあたって不安なことはたくさんあると思います。

その中でも代表的なものとして確定申告があります。
申告に関してはいろいろな考え方はあると思います。

「まずは白色で」と一般的に言われる理由は
「青色」の場合は複式簿記が条件となります。

複式簿記というとピンとこないのかもしれませんが
普通の会社と同じように帳簿を整備する必要があります。

そのために税理士さんへ記帳の依頼をすることにより
コストが発生します。

また、ご自身で会計ソフトを購入して入力するという方法もあります。
これは簿記の知識と同時に一般経理を数年経験しているかたでないと
少しハードルが高いと思います。

このようなことを考えると
家計簿のような帳簿で数字を把握するだけで
申告ができる白色申告がやりやすいと思えます。

次に3年目となると仕事も慣れ
普段帳簿をつける余裕や金銭的にもゆとりがでてくるはずだから
税理士さんにお願いして青色と考えれます。


その一方で
さらに踏み込んで考えると
今回独立されて事業を大きくしていきたいと最初から
意識して進めるときに
会計に時間を割きたくない、面倒
会計の数字を早く把握したいなどの理由から
初めから税理士さんにお願いして
その浮いた時間を営業に回す方が良いと考え方もあります。

基本的には私は後者の考え方をお勧めします。
青色申告には控除もあり、
売上が少ない段階でもそれほど金銭的に負担にならないと思います。


いろいろな考えがあると思いますが
契約するしない別にしても
一度、最寄りの税理士さんに相談されるのも1つだと思います。

参考にして頂けれたら幸いです。

大坂

簿記
経営コンサルタント
独立
不安

評価・お礼

さくらさきさん

2012/08/30 20:22

大坂様
たいへんわかりやすい回答、ありがとうございました。
最初から青色…という考え方も、アリ!なわけですね。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

大坂 寿徳

大坂 寿徳

2012/08/30 23:17

さくらさき 様

評価頂きありがとうございます。
ちなみに私の周りではほとんど青色スタートです。

大坂

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業開始のタイミング サンクルクルさん  2012-05-23 00:24 回答1件
給与所得者の週末起業について merceさん  2007-11-10 05:40 回答2件
会社員と個人事業主について askayuumiさん  2015-02-23 23:44 回答1件
クレジットカードの仕訳について Ryo1172さん  2013-10-14 12:47 回答1件
開業届けの時期を逸した? ottsoさん  2008-03-22 01:43 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)