扶養について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養について

マネー 年金・社会保険 2012/07/09 18:22

まずはじめに、状況から…

私:契約社員(賞与がない以外は正社員と同じ扱い)、在籍3年目
妻:正社員、昨年度の年収は130万円を越えています。今年の7月末に退職し、転職活動予定(就職の意思はあります)

任意継続や国民健康保険に切り替えることを検討したのですが、
かなり金額がかかるようなので、このような状態なのですが、妻を扶養に入れることは可能でしょうか?

kouya1224さん ( 東京都 / 男性 / 28歳 )

回答:1件

小林 治行

小林 治行
ファイナンシャルプランナー

- good

妻を扶養にする?

2012/07/11 23:24 詳細リンク

CFPの小林治行です。

妻が扶養になると、妻の税金(所得税と住民税)+ 社会保険料の納付義務がなくなります。(但し住民税は1年後) さらに夫の給与から扶養控除(所得税で38万円、住民税で33万円)が加算されますので納付税額が軽減される効果がありますし、また家族手当の増額も期待出来ます。

一般論として、妻の給与が103万円~160万円程度(家族手当によって変ってきます。)程度の収入なら思い切って98万円以下にコントロールにすると夫+妻の全体可処分所得は増加します。パートの人はそのようにしてアルバイトをしているようです。

ここで問題は、妻の収入が100万円弱しか期待できないということです。
103万円~160万円程度であって所得制限をしてもその効果金額は余り多いとは言えません。
むしろコントロールするより正社員として170万円とか200万円とかを目指した方が生活の充実感が違うと思いますが如何ですか?

尚、税額に関しては、税理士にご相談下さい。

E-mail hk@kobayashi-am.jp
URL http://kobayashi-am.jp

CFP
社会保険
所得税
所得
住民税

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

定年退職後の健康保険 ギーコさん  2013-11-18 03:43 回答1件
失業保険の受給と夫の扶養に入るタイミング ばると1204さん  2010-11-05 13:10 回答1件
世帯分離について教えて下さい 梓さん  2010-06-12 11:07 回答2件
夫の海外赴任を理由に退職予定。必要な手続きは? 鏡国天有寿さん  2009-05-25 14:43 回答2件
扶養との関係 osaru0saruさん  2009-01-30 22:24 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

お気軽!無料メール相談

気軽にお金のプロに相談をしてみよう!

田中 佑輝

アルファ・ファイナンシャルプランナーズ

田中 佑輝

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

非上場株式売却の節税相談

上場株式だけでなく、非上場株式にも節税方法はあります

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)