海外からの情報収集 - 広報・PR・IR - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

海外からの情報収集

法人・ビジネス 広報・PR・IR 2012/04/10 18:51

久しぶりに投稿します。

当社では、グローバル版の社内報を、1年前に創刊しました。
しかし、日本語版からの抜粋翻訳の形で、
なかなかオリジナルな内容にできていません。
話題も、ほとんどが国内のもので、
海外の社員の興味を引くのは難しいと感じています。

グローバル版独自の新しいコンテンツを作るにも、
今は企画を考える余裕がないのが本当のところです。
なので、まずはニュースページに、
海外からの情報を集める仕組みを作りたい、と考えています。

私は英語ができないので、海外担当の部署に依頼して、
今まで寄稿などをお願いしてきました。
これを、自動的に情報が集まるシステムにしたいのです。
月例レポートのように提出してもらうことが目標です。

そのためには、海外担当の部署、海外の各拠点に協力してもらわないと
成り立ちません。
さらに、英語で寄稿してもらって、簡単な日本語訳をつけてもらったら、
自分としては、とても助かるのです。
が・・・そんな厚かましいお願いをするのも、気が引けます。

うまい方法って、ないでしょうか?

タレぞうさん ( 東京都 / 男性 / 36歳 )

回答:2件

下村 豊 専門家

下村 豊
経営コンサルタント

10 good

懸賞制度は効果がありますよ。

2012/04/10 19:31 詳細リンク
(5.0)

タレぞう様、ご相談をありがとうございます。
営業全般支援、営業組織構築のお手伝いをしている(株)CSプランナーの下村です。

なかなか日常の仕事に直結していない情報を集めるのは大変ですよね。お察し申し上げます。

海外の情報収集とは違いますが、国内でも情報収集が難しいのは同じです。とくに私たち営業は、売ることが仕事で、売ることばかりに目が奪われがちになります。だから、これからの新商品のヒントや、お客様の動向、市況の変化などの情報を収集することに、どこも苦労しています。しかし、会社の代表として外に出る営業が、情報を収集してくれなければ、時代の流れに遅れてしまいます。

そこで、私は良い情報収集を評価するシステムを取り入れることにしています。人事評価という大げさなものではなく、情報をポイント制にして積上げるのです(ポイント制が海外で通用するか分かりませんが)。ポイントでなくても、良い情報に対して、何らかの懸賞品(決して高価なものでなく、嬉しいもの)をつけるのも良いと思います。

要するに、やったことに対する見返りをつけるというものです。

本来は、会社にとって非常に効果がある仕事と理解していただければ良いのですが、それは、今の日本企業でも難しいというのが現実です。

参考になれば、幸いです。

システム
組織
情報
評価
仕事

評価・お礼

タレぞうさん

2012/04/10 22:19

下村さま

さっそくのお教え、ありがとうございます!
なるほど、ポイントをつけるといいんですね!
今まで国内では、情報を寄せてくれた人には、
何がしかのお礼をしていましたが、
海外とはモノのやり取りも面倒だと思っていました。
でも、モノでなくてもいいのですね。
それに、お礼をするのは、頼む側としては当然のことですね。

海外の人に、どんな内容が受けるのか、これから探してみます。
ありがとうございます!

下村 豊

2012/04/11 18:26

タレぞう様

評価のコメントをありがとうございました。

情報を集める際の留意点は、他の方も書いておられるように、どんな情報が欲しいかも伝える必要があります。そして、当初は、どんな情報も受け入れる(社内報に載せるという意味ではありませんが)という姿勢を見せることも大切だと思います。例えば、情報発信者名だけでも社内に知らせるなどの工夫も検討してみて下さい。

ご成功をお祈りいたします。
ありがとうございました。

回答専門家

下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
豊田 健一

豊田 健一
広報コンサルタント

5 good

欲しい情報を明確に伝えましょう

2012/04/10 22:44 詳細リンク
(5.0)

海外版社内報を発行されているご担当者は、どこもご苦労されています

ある企業では同様に、海外管轄部門に情報提供をお願いしています
ある企業のご担当者は、就業時間外で、FaceBookで、海外の社員と仲良くなり、
その方をキーマンとして情報収集しているとのこと
また、ある企業では、海外の社員と出会う社内のイベントの際、
とにかく多くの方とお話をして、知り合う努力をされています

自動的に情報が集まる仕組みは、努力無しには難しいかもしれません
それでは、回答にならないので、もう少し集めやすい工夫を考えました

考えるべきポイントは、情報発信者側目線に立つことです
まず一つ、社内報のために情報発信、
とりわけ、記事を作成するのは、結構な手間ですし、面倒な作業であるという事実
そして、もう一つは、自分のところの出来事は、自分にとってはニュースではないこと
つまり、他の部門の方にとってはニュースな出来事も、当事者にとっては
ごくありふれた日常となるのです

ということで、自動的にはいかないものの、
数多くの記事を集めたいのであれば、まずは、
どのようなニュース項目がほしいか、過去の記事からピックアップするか、
その部門の方にヒアリングをして、今回なら、海外管轄部門の方になると思いますが
ターゲットとかる海外拠点では、どのようなことが発生しうるか聞いて、
まずは、どのような項目が知りたいかを整理し、伝えることです

そして、その項目が発生したら、どのようなことを教えてほしいか、
記事にしなくても、箇条書きで、知りたいことを教えてもらう
その情報から記事を作成していく

そうすれば、自部門ではごくありふれた日常、でも他の部門にとってはニュースなことを
もらさず、記事にできるのではないでしょうか

ポイントは、どのようなことが知りたいか、それを先方にしっかりとお伝えする
そのように思いました

発行
社員
情報
外国
社内

評価・お礼

タレぞうさん

2012/04/12 00:28

ありがとうございます!

「自分のところでは当たり前で、ニュースというほどでもない」という視点は、
間違いなくありますね!
半年ほど前に、タイの事業所が、余った木材で机や椅子を作り、
定期的に現地の小学校に寄贈している、という話を耳にしました。
ちょうど洪水の大被害中でしたが、変わらず続けていたそうです。
初めて聞く話でしたが、感動し、さっそく社内報で紹介しました。
このような「発掘作業」が必要なのですね。

編集者の「当たり前」と、読者の「当たり前」の違いを、
まず認識することから着手します。

大変な勉強をさせていただきました。感謝申し上げます。

(現在のポイント:15pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

職場紹介の新たなコンテンツ おななはんさん  2012-02-28 13:41 回答1件
もらい原稿の字数が多い場合は? タレぞうさん  2012-02-12 20:00 回答1件
社内報が官報っぽいんです みっきゃんさん  2012-02-25 22:50 回答3件
社員が登場する表紙写真の撮り方 おななはんさん  2012-02-15 22:13 回答2件
営業広告費の計算と節約 見習い経営者さん  2013-01-22 12:11 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

平岡 美香

フードコンサルティング株式会社

平岡 美香

(マーケティングプランナー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)