パート収入103万とFX収入40万円 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

パート収入103万とFX収入40万円

マネー 家計・ライフプラン 2010/12/06 11:33

はじめまして、初歩的なお話しかもしれませんがどうぞよろしくお願いします。

会社員の夫がいるパート主婦です。今現在は主人の扶養に入っております。
夫 年収680~710 妻パート 子供はまだいません

今年のパート収入が103万円未満ギリギリになる予定です。
シフトが決まり増減はできそうにありません。

私(妻)名義でFXの利益が40万円程確定しております。
(12月で更に2~3万増えそうです)

103+40=143万

主人の会社で特別家族手当等はございません。

1.130万円を超えると扶養から外れるというのは、
給与だけでなくFXの収益も含まれるのでしょうか?


2.FX込みで今年130万超えたのは一時的な事とはみてもらえないでしょうか?

来年はパートを退職する予定なので130万超える事はないはずなので
今回だけ大目にみて目をつぶって扶養内でいられないでしょうか?


3.パート先での勤務時間も正社員の4分の3には満たないので保険には入れず
国民保険と国民年金、住民税を支払わなければならず
市町村で違うかと思いますが目安いくらぐらい支払う事になりそうでしょうか?

30~40万ほどでしょうか?
FXの利益がほとんどなくなるほどでしょうか?


4.私が扶養から外れる事によって主人の負担はいくら増えますか?


以上4つについて回答頂けると助かります。
2のように所属している健保によるのかな?というような質問もございますが
わかる範囲、想定できそうな事をぜひ教えて頂きたいと思います。

neco3さん ( 愛知県 / 女性 / 28歳 )

回答:1件

杉浦 恵祐 専門家

杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー

1 good

130万を少し超えて社保の扶養を外れると目先の負担は増えます

2011/01/01 01:37 詳細リンク
(5.0)

neco3さんへ。お待たせいたしました。そして、あけましておめでとうございます。FPの杉浦恵祐です。

Q1.130万円を超えると(社会保険の)扶養から外れるというのは、給与だけでなくFXの収益も含まれるのでしょうか?
Q2.FX込みで今年130万超えたのは一時的な事とはみてもらえないでしょうか?
A 社会保険の被扶養者の要件は最も厄介な問題です。
個別具体的な実務上の取扱いは、「保険者」=制度によって異なります。
つまり、被保険者(夫)が勤めている会社・役所(協会けんぽ・健保組合・共済組合等)に確認しないと収入要件・収入定義はわかりません。

以下は、あくまでも参考として「協会けんぽ」での私の考え方です。
(実務では協会けんぽといっても実際の取扱いは一律ではなく各年金事務所で微妙に異なりますので、必ずしもこの通りになるわけではありません。
また、各健保組合・各共済組合はその組合の規約規程等で確認してください。)
厚生労働省の通知「国民年金法における被扶養配偶者の認定基準の運用について」
(昭和六一年四月一日)(庁保険発第一八号)(各都道府県民生主管部(局)国民年金主管課(部)長あて社会保険庁年金保険部国民年金課長通知)によると
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/index.html
「「年間収入」とは、認定対象者が被扶養配偶者に該当する時点での恒常的な収入の状況により算定すること。したがつて、一般的には、前年の収入によつて現在の状況を判断しても差し支えないが、この場合は、算定された年間収入が今後とも同水準で得られると認められることが前提であること。
(1)恒常的な収入には、恩給、年金、給与所得、傷病手当金、失業給付金、資産所得等の収入で、継続して入るもの(又はその予定のもの)がすべて含まれること。
(2)恒常的な収入のうち資産所得、事業所得などで所得を得るために経費を要するものについては、社会通念上明らかに当該所得を得るために必要と認められる経費に限りその実額を総額から控除し、当該控除後の額をもつて収入とすること。
(3)給与所得(給与、年金、恩給等)は、控除前の総額を収入とすること。」
とあります。

補足

これを読む限りでは、neco3さんのFX収入(為替差益+スワップ)が「資産所得等の収入で、継続して入るもの(又はその予定のもの)」であれば、130万円の枠に含まれると考えられます。
一方、この年限りのたまたまの一時的な収入であれば、枠外と主張してよいと思います。が、それを判断するのはあくまでも「保険者」です。

Q3.国民健康保険と国民年金、住民税を支払わなければならず、市町村で違うかと思いますが目安いくらぐらい支払う事になりそうでしょうか?
A 23年度国保料 市町村で算定方法が全く異なりますので本当に何ともいえません。(住民税も都道府県・市町村で異なります)
(所得割だけでも、名古屋市は住民税方式、その他の市町村は旧ただし書き方式(料率も様々)等)
23年度国民年金保険料 15,260円(予)×12ヶ月=183,120円
22年分所得税(試算) 給与収入103万円=給与所得38万円、FX収入=雑所得40万円、基礎控除(38万円)以外の所得控除なし、税率5%、税額20,000円
23年度住民税所得割(試算) 前年度給与収入103万円=給与所得 FX収入=雑所得40万円、基礎控除(33万円)以外の所得控除なし、税率10%(名古屋市等以外)、調整控除額2,500円、税額42,500円
23年度住民税均等割(試算) 4,500円(名古屋市等以外)

Q4.私が扶養から外れる事によって主人の負担はいくら増えますか?
A ご主人の所得税率によって異なりますが、仮にご主人の所得税住民税合算税率が30%とすると、配偶者控除も配偶者特別控除も無くなって、
38万円(所得税の所得控除減少分)×30%=114,000円(概算)の税増加

ちなみにFXは、くりっく365だろうが店頭取引のFXだろうが支払調書が税務署に提出されます。

制度
社会保険
配偶者
所得
収入

評価・お礼

neco3さん

2011/01/08 19:35

杉浦先生
明けましておめでとうございます。
お正月そうそうからありがとうございます。
やはり、当の健保次第ということですね。

それでも年金や住民税の大まかな額が把握できただけでもありがたいです。
「数ヵ月後にこれくらい支払いが発生する」という構えを持って待つ事ができます。
特に主人の方の税の増加額が予想よりもだいぶ大きくびっくりしております。

年を跨いでしまったので、もう私は健保からの連絡(判定?)待ちになりますが。
今年の収入についてもよくよく考えさせられる問題でしたので
回答参考にし、今年もがんばっていきたいと思います。

本当に親身になって相談にのっていただきありがとうございました。

回答専門家

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社OSP 代表取締役
0566-42-1882
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

金融商品の運用結果は表面上のいくら儲かったかで判断してはいけません。税金や社会保険料への影響を考慮した実際の手取り金額で考えるべきです。ご自身の状況に応じた適切な証券投資と税務、社会保険制度等の包括的なプランニングをご提供いたします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

将来のビジョンが見えず不安です。 ミニママさん  2011-06-19 07:14 回答3件
世帯収入を増やすには・・・ ぽにさん  2009-07-27 11:02 回答4件
給料7万減。家計診断お願いします。 hitsujiさん  2009-05-26 22:56 回答4件
家計診断お願いします とろるさん  2008-11-14 22:24 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)