協力すると言ったのに・・ - 民事家事・生活トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

協力すると言ったのに・・

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2010/07/11 20:15

先日、所有権移転登記手続き請求の訴状が届きました。

私の母が、登記義務者で移転登記をしないまま他界したために、子である私や兄姉のもとに4,5年ほど前、相手方の弁護士が登記の協力を求めてきました。
私は、相手方と会って話す機会を作れずにいたので、私の兄に「協力するのでそちらに任せます」と、伝えてもらいましたが、相手方の弁護士は、会って署名、押印などをもらわないといけないと言って、それきり何の連絡もないままで、突然、訴状が届きました。
登記義務者は、私達以外に多数おり、その内の誰かが、個人情報の扱いに不安があるといって、解決ならず訴訟に至ったようです。
相手方の弁護士に協力する旨を、伝えても駄目なのでしょうか?
確定判決?を得れば単独で登記をすることができるのですよね?
相手はそれを見越しての訴えなのでしょうか?
敗訴になれば、移転登記にかかる費用を負担しなければいけないのでしょうか?(当初、費用の負担はないといっていたので・・)
争う気は全くないのですが、こちらも弁護士を立てて対処したほうが無難なのでしょうか?
答弁書を出さなければいけないのですが、協力する人達連名でいいのでしょうか?
ご教示願います。

補足

2010/07/11 20:15

多数いる被告の中で、〇〇と他〇名と訴状に名前が書かれるのは何か意味があるのでしょうか?

koikoi2099さん ( 大阪府 / 男性 / 36歳 )

回答:1件

井上 佐知子

井上 佐知子
司法書士

1 good

登記義務

2010/07/12 17:17 詳細リンク
(5.0)

こんにちわ司法書士の井上佐知子です。
不動産名義変更などの際には、関与する司法書士(弁護士)は原則として当事者に直接会って意思確認をし、本人確認書類の提示を受けなければならないことになっています。
登記義務者が数名いる場合、すべての方の確認を必要とするわけです。
中にお一人でもご協力いただけない場合には登記をすることができないことになります。
そうなると登記権利者はいつまでも名義が自分のものにならなくて困ってしまうことになります。
そのため登記義務者全員を相手方として訴訟を提起し、判決をもらったほうが早く解決するという判断だったのだと思います。
登記を移転しないともめているわけではないので、手続き上の便宜のための訴訟だと思います。
確定判決があれば権利者は単独で登記できます。
所有権移転登記費用は買主が負うべきものですので、そこまでの請求はないと思います。
訴状にそこまで求めているかご確認くださいね。
ご心配であれば相手方の弁護士さんとお話ができないような状況ではなさそうなので、ご確認されてみてはいかがでしょうか?
訴状に争うべき部分があるなら弁護士を立てる必要があるでしょうが、ないのであれば特に弁護士をつける必要はないと思います。
なお答弁書を出さなければ被告は争っていないということで第1回期日で原告勝訴判決となります。
訴状の内容を認めるのであれば答弁書を出したり出頭する必要もありません。
なにか争う点がある場合には答弁書を出し、出頭してください。

訴状の書き方は形式上の問題ですので、お気になさらなくてもいいかと思います。

費用
司法書士
所有権移転登記
不動産名義
手続き

評価・お礼

koikoi2099さん

早速の回答、ありがとうございます。
この数日間、ずっと悩んでおりましたので不安だった気持ちが晴れました。
色々と、悪い方にばかり考えてしまいましたが、早くに解決をする手段だったのですね。
本当に、ありがとうございました。

井上 佐知子

井上 佐知子

評価ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ありません。
手続きがスムーズにいきますようお祈りしております。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

限定承認の要件および弁護士への諸費用返還請求 びばーちぇさん  2006-12-01 16:19 回答1件
小額訴訟での訴状の書式について Welfare8739さん  2009-02-05 22:49 回答1件
個人情報は全て公開しなければいけませんか? Jenniferさん  2008-05-28 09:25 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

帝国ホテルタワーで相続法律相談会開催のお知らせ

11月26日(木)午後1時から、帝国ホテルタワーで、相続に関する法律相談会を、開催します。無料。

大塚 嘉一

菊地総合法律事務所

大塚 嘉一

(弁護士)

対面相談

経営者・人事労務担当者のための「労働問題法律相談」

職場のトラブルを予防・解決いたします

中西 優一郎

弁護士法人アルテ

中西 優一郎

(弁護士)

対面相談

交通事故/後遺障害/示談/慰謝料の相談

交通事故の慰謝料は、後遺障害の認定で増額します。後遺障害の認定には「初期の対応」が重要です。

松浦 靖典

尼崎で交通事故の損害賠償請求および後遺症認定の代行手続きを行う 松浦法務事務所

松浦 靖典

(行政書士)