先ずは栄養補給で神経に活力を!次にやりたい事を・・ - 吉野 真人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

先ずは栄養補給で神経に活力を!次にやりたい事を・・

2009/06/13 10:45

失業が一種のトラウマとなり、なかなか行動を起こせない状況と、食生活などライフスタイルの乱れを引き起こしているようです。散歩や外出をするという改善方法も自覚していますが、今ひとつやる気が起きない模様です。

このような状態は、やる気がしない→生活の乱れ→やる気がしない・・という悪循環に陥っています。栄養バランスの乱れは神経細胞の活力を奪い、生活の活力自体が低下してしまいます。動こうにも体がだるく、また思考が緩慢になるため、一歩が踏み出せません。

この状況から抜け出すには、やはり「栄養」が必要です。例えばうつ病に於いても栄養バランスは決定的に重要で、ある種のアミノ酸から生成されるセロトニンの作用が不足すると、神経細胞の情報伝達が障害され、うつ病発症の危険が増すことが証明されています。

従って、先ずは必要な栄養素を充分に摂取することをお勧めします。栄養素を充分に補えば神経細胞が活性化し、脳内の情報伝達が活発となり、いやが上にも「やる気」と「体力」がついてきます。米国に於けるうつ病の最新治療に於いても、栄養補給が中心のテーマとなっております。

栄養補給といっても難しく考える必要はありません。自然の食材を、その持ち味を活かした形で摂取すればよいのです。早い話、野菜(特に生野菜)や果物、豆、海草などを充分量摂取するのです。ご飯は可能ならば玄米にするとベストです。肉や魚も適度に摂りましょう。

料理する気力がないというのならば、先ずは果物から食べてはいかがでしょうか。皮をむいて食べるだけです。次に野菜、ご飯・・という具合に、少しずつ充実させていきます。気力や体力がついてくるのが感じられればしめたものです。

それからこの機会を逃さず、何か好きなことをやってみてはいかがでしょうか。働いている頃には出来なかったことが、失職中は出来ることが往々にしてあります。こういう所から、次の目標が得られる可能性があります。

回答専門家

吉野 真人
吉野 真人
( 東京都 / 医師(精神科) )
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ストレス

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2009/06/09 09:27

派遣切りにあい、現在無職のまま2週間ほど過ぎ、早く仕事を見つけなければという気持ちと、実際に行動に移せないまま家にいる状態が続いているギャップがストレスとなっています。

その結果、まともな食事をせず、近くに… [続きを読む]

マンゴーマロンさん (神奈川県/29歳/女性)

このQ&Aの回答

【ストレスのとらえ方、取り組み方】 長江 信和(心理カウンセラー) 2009/06/25 09:56

このQ&Aに類似したQ&A

家族のストレス やまんばさん  2007-08-07 16:59 回答1件
定年後の主人の扱い おねーさんさん  2009-10-11 11:29 回答1件
軽度ですが、治療を必要とする鬱病を患っています love-berryさん  2009-06-25 02:50 回答1件
性格改善目的に適切なカウンセラーさんは チビヒヨコさん  2015-10-15 16:49 回答1件
両親の身勝手な行動と確執 孤独なうさぎさん  2013-07-10 08:21 回答1件