住宅購入の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2009/04/21 10:28

なっつんさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『こんな経済状況で家を建てるのは無謀でしょうか?』につきまして、住宅を購入する際に住宅ローンの組み方としては、
・ご主人様単独で行う。
・ご夫婦の収入合算で行う。
と、方法としは二通りが考えられます。

両方のメリット・デメリットをとしては、
・ご主人様単独で住宅ローンを組んだ場合、年収の一定割合しか借り入れができないため、あまり多額の住宅ローンを組めません。
反面、ご主人様に収入が見込めなくなってしまった場合でも、毎月の返済額がそれほど多額とならない分、なっつんさんの収入だけでも、ある程度はしのいでいけます。

・尚、ご夫婦で収入合算をした場合は、住宅ローンを多く組むことができますが、ご夫婦のどちらかに収入が見込めなくなってしまった場合、途端に家計が苦しくなってしまうことになります。

よって、両方のメリットとデメリットを十分に理解したうえで、住宅ローンの組み方を決定するようにしてください。

また、住宅ローンを組んでから毎月無理なく返済していくためには、手取り月収金額の28%ほどに収まるかどうかをひとつの目安としてください。

参考までに、ご主人様の手取り年収金額350万円とした場合、28%以内に収まるためには、年間返済額は98万円となります。
また、ご夫婦で収入合算した場合は、165万円ほどとなります。

例えば、住宅ローン金利3.0%・35年返済とした場合、ご主人様だけの年収では2,500万円の借入金額、収入合算した場合は3,500万円ほどの借入金額となります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家を建てるにあたり、幾らの家が妥当か?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/04/20 15:28

夫婦共働きで、子どもは二人、ただ今私の実家で同居しております。
もともと二世帯の家ではないので、最近狭くなってきたこともあり、そろそろ家を建てたいと思っています。 私たちの収入と… [続きを読む]

なっつんさん (愛知県/28歳/女性)

このQ&Aの回答

家を建てるにあたり、幾らの家が妥当かについて 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2009/04/20 18:11
住宅購入について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/20 18:24
そうですね。 2009/04/21 11:55

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断。この経済状況で家は購入できる? なっつんさん  2009-04-24 13:07 回答2件
二世帯住宅の資金計画 ぺいさんさん  2011-01-20 23:11 回答2件
親に収益住宅を建ててやりたい YCさん  2009-11-13 15:02 回答2件
建築家との建築の場合の住宅ローン gkさん  2008-01-30 20:39 回答1件
新築・中古住宅ローン各種、審査など hassan77さん  2014-01-28 16:10 回答1件