【あるがままに】 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

長江 信和

長江 信和
心理カウンセラー

- good

【あるがままに】

2009/05/13 01:50

なんでもかんでも、重大な病気の前触れなのではないか、と考えてしまい、不安と恐怖でいっぱいな毎日を過ごされているのですね。家族や病院で無事を確認すれば、しばらくは安心できますが、すぐに不安が舞い戻ってしまうとのこと。これはもう疲れてしまいますね。生活にも大きな支障がでているのでしょう。

もっとも、病気を予想されること自体は、ごく自然な感覚なのかもしれません。どんな人でも、病気の可能性を抱えていますし、病気を完全に防ぐことはできません。多くの人々は、健康に注意しつつも(例:運動、食事、健康診断…)、若干の不安を抱えながら、日常生活を送っているのだろうと思います。

ただし、現在は、病気の可能性を過大に見積もる傾向(心気症の傾向)があるのかもしれませんね。極端な不安や恐怖を、適度な不安に抑えるためにはどうしたらいいでしょうか?これまでの生活で、ご家族や医師に確認される以外に、病気への不安が治まった経験はありませんでしたか?時期や体調によっても、不安であるときとそうでないときがあったでしょう。日常生活のなかで、ご自分なりの工夫や状態をよく理解されることが、一番の鍵になるのではないかと思います。

その際、「精神交互作用」という考え方が参考になるかもしれません。身体感覚に注意が向く→身体の異変に気づく(『病気では?』)→余計に注意が向く→感覚が強まる(『重病では?』)…という悪循環の存在が知られています。『誰でも病気になるものだ』、『病気になったらなったで仕方がない』、『身体の不調が続いたら病院に行こう』等と考えることで、身体の異変も、あるがままに受け止められるようになるかもしれません。

もちろん、心療内科や精神科を受診されてもよろしいかと思います。つらい状態が長く続く場合は、遠慮される必要はありません。薬物療法で不安や恐怖を抑えることも有効な手段になるでしょう。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

なんでも病気ではないかと思ってしまう。

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2009/04/16 22:19

私は、なんでもかんでも病気なのではないかと思ってしまって、とても辛いです。
たとえば、腕に何か小さいものができていたり、右と左の骨の大きさが違ったり、とにかくなんでもかんでも重大… [続きを読む]

ぽんぽんちゃんさん (北海道/20歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

私は情緒不安定なんでしょうか。 冴さん  2012-03-23 09:47 回答2件
家族(兄)のうつ siumaiさん  2008-12-09 09:46 回答1件
アームカット、複数の人との性行為。 ものこさん  2014-08-07 11:12 回答1件
依存心が強く悩んでいます めろさん  2013-12-26 01:10 回答1件
発達障害の理解について tk22217725さん  2012-07-08 22:17 回答1件