存置機関、又は所定強度以上 - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

存置機関、又は所定強度以上

2009/04/05 23:55
(
5.0
)

ほのほのさんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡です。

とても心配ですね。
型枠側板(せき板)の存置は、平均気温に対応する期間の規定と、コンクリート圧縮強度が5N/mm2以上となるまでという規定があり、一般に圧縮強度が5N/mm2に達する方が早いので、存置期間より早く外されていることが多いです。

型枠を外す時点で、強度の確認はしていないと思いますが
型枠の機能は、コンクリートがしっかり固まる(強度が出る)まで、形を保つことにあります。

梁の下側の型枠・支柱(鉄筋コンクリート造の場合)は、温度・強度に関係なく28日間外すことはできません。
梁の場合は、完全に強度が出る前に支えを外すと、重大な影響が出るからです。

側部の場合は、少し固まれば、形状は保持できるため、5N/mm2とされています。

側部でも、基礎立ち上がり部分と比べるとベースは形状がとても安定しており、早く外されても、強い衝撃、力を与えなければ、その形状を保ち、固まるので、問題は少ないのではないでしょうか。


ベタ基礎の周囲のは、添付図のような形状が多く、ベース外周と立ち上がり外周が同一なので、通常ベースと立ち上がり型枠は兼用し、ベース打設しても外さず、内側の型枠を建てていくと思いますが、そうではなかったですか。


立ち上がりの型枠は、ベース以上に重要なので、存置期間まで外さないようにしてもらって下さい。

パルティータ建築工房サイトはこちら
東京都中野区の建築設計事務所:注文住宅/住まいリフォーム

住宅の疑問にこたえる、「住宅こたえるね!ット」はこちら

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

基礎の型枠存置期間

住宅・不動産 住宅設計・構造 2009/04/03 18:35

わが家は木造2×4・ベタ基礎で建てるのですが、基礎のベース部分と立ち上がりの部分の二度打ちで、28日にベースを打ち、翌々日に立ち上がりを打つ工程でした。
立ち上がりを打つ朝(30日)に現場に行くとベ… [続きを読む]

ほのほのさん (大阪府/32歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

床下の換気について pep25さん  2013-01-14 01:18 回答1件
インナーガレージでの洗車 sahiruhaさん  2016-03-10 19:32 回答1件
地盤と擁壁について stsyrupさん  2015-04-19 14:49 回答1件
制震ダンパーについて kinkinkinさん  2012-12-06 11:00 回答1件
構造柱について StingEBTGさん  2012-09-23 14:44 回答1件