必要保障額の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

必要保障額の件

2009/03/26 09:47

ponpokoさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『この条件では、死亡保障はいくらが妥当でしようか?』につきまして、死亡保障額とはご主人様に万が一のことがあった場合、残された家族の今後の生活費やお子様の教育資金として幾ら保険金として必要かを算出した金額となります。

よって、
・奥様がある程度の収入を確保していれば、確保する死亡保険金額は少なくて済みます。
・お子様に学資保険をかけていれば、確保する死亡保険金額は少なくて済みます。
・一番下のお子様が大学を卒業するまでとした場合、お子様が成長するに従って死亡保険金額は年々少なくすることができます。

別の言い方をすれば、上の条件に照らし合わせて不足する金額が必要保障額として、保険に加入することで確保するべき金額となりますが、ponpokoさんも働いていますし、お子様には学資保険を確保しています。
また、住宅ローンを組んでいますので団信にも加入していますから、万が一のときには住宅ローンは団信から返済されてしまいますので、5,000万円もの死亡保険金は必要性ないかも知れません。

また、加入期間につきましても、75歳にこだわる必要性は乏しいと考えます。
下のお子様が独立するまでとお考えいただければ、後20年も確保しておけば十分に足ります。

今加入している保険の場合、10年、15年毎に更新するタイプの保険だと思われますが、更新後とに支払い保険料も高くなってしまいますので、将来の教育費負担なども考慮した場合、この機会に全面的な見直しをしておいた方が、支払い保険料の総額は安く抑えることができると考えます。

以上、ご参考にして頂けますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

生命保険の必要保障額について。

マネー 生命保険・医療保険 2009/03/24 22:52

夫の生命保険の見直しをしたいと思うのですが、必要保障額がいまいちよく分かりませんので、相談させてください。

夫35歳 年収720万
妻30歳 年収120万

持ち家マンション(夫名義)… [続きを読む]

ponpokoさん (愛知県/30歳/女性)

このQ&Aの回答

必要保障額について 宮里 恵(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/24 23:05
必要保障額について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/25 09:36
シミュレーションをしてください。 大村 貴信(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/25 10:23
現在の生活費からでも・・・ 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/25 06:03
必要保障額はだんだん減っていきます 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/03/25 07:17
回答申し上げます 大関 浩伸(保険アドバイザー) 2009/03/25 10:20

このQ&Aに類似したQ&A

生命、医療、がん保険の相談させてください。 ha-buteaさん  2011-05-11 17:53 回答1件
生命保険について まねまねさん  2009-10-01 13:54 回答5件
死亡保障は定期保険か終身保険か? oji123さん  2009-04-16 22:25 回答6件
教育資金と旦那の生命保険について ママンさん  2007-09-30 04:57 回答5件