家計管理の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計管理の件

2009/01/25 15:36

だいしゅけさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

家計支出は月収金額にもかかわらず、収入は年収になっているため、ボーナスを除いた月収金額が分かりませんので、差し障りのないアドバイスをさせていただきます。

お子様が誕生したからといって、オムツ代が増える程度で家計支出につきましては、現在の支出からしばらくの間はそれほど大きく増加するようなことはありませんので、ご安心ください。

だいしゅけさんの月収の範囲内で毎月の家計がやりくりできているのでしたら、大丈夫です。

尚、金融資産のうち、預貯金よりも株式などのリスク商品の割合が高くなっている点は少々気になります。

直近で始められたのでしたら損失はでていないと思われますが、以前から行っている場合、評価損が発生しているかも知れません。

現在保有している株式などを損切りした方がいいとは言いませんが、今後のライフイベントを考慮して資産形成は行うようにしてください。
リスク商品の場合、すぐにお金が必要になってもその場で損切りはなかなかできないと思われますので、将来予定しているライフイベントとそれにかかる費用を考慮して、リスク商品での資産形成はライフイベント資金に支障をきたすことのない範囲内で行うようにしてください。

よって、現在毎月購入している投資信託(累投)につきましては、積み立て定期預金などに変更した方が今はよろしいかも知れません。

尚、生命保険につきまして、ご夫婦共働きを前提にお考えいただければ、死亡保障はあまり過剰に加入する必要はありませんし、家計にゆとりがでてくるまでは共済などに取り敢えず加入しておき、最低限の保障を確保しておいてもよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです、
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

8月に第一子が生まれる保育士夫婦です。

マネー 家計・ライフプラン 2009/01/25 11:41

私は30歳、妻は29歳、夫婦共に保育士をしています。8月に第一子が生まれるのですが、4月から妻は仕事を辞めて収入が夫の私の収入だけになります。
上司から残業許可をもらったので現在の年収… [続きを読む]

だいしゅけさん (愛知県/30歳/男性)

このQ&Aの回答

ぜひライフプランを 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/25 22:25
将来の収支を予測するには? 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/25 17:08
ライフイベント表を作成してみましょう 恩田 雅之(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/28 12:20

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断をお願いいたします。 ittanさん  2010-08-30 16:16 回答3件
繰り上げ返済と資産配分 kalswanさん  2008-05-31 12:24 回答4件
家計管理について しろ727さん  2014-06-16 17:54 回答1件
子供が出来るのですが、、 ほーほーさん  2008-10-07 23:18 回答4件