住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2008/04/14 09:41

こぼこぼさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『年収と借りれる、金額はとうすれば、いいでしょう。』につきまして、毎月住宅ローンを返済しながらも確実に貯蓄もしていただくためにも、手取り月収に占める住宅ローンの負担割合は28%以内に収まるようにしてください。

手取り月収に占める住宅ローンの負担割合が30%を超えてしまうと、思うように貯蓄ができなくなってしまい、将来予定しているライフイベント資金に支障をきたすこともありえますので、住宅ローンの負担割合には十分に注意する必要があります。

また、住宅ローンを組む場合、ボーナス返済はあまり組み入れないようにすることをおすすめいたします。
そうしていただくことで、ボーナス収入を生活不足資金やライフイベント資金などに、充当することができますので、ゆとりを持って家計管理が行えると考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

金利の変動

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/04/12 06:36

主人のボーナスは、無いときもあります。
年収と借りれる、金額はどう考えれば、いいでしょう。
金利の考え方も、知りたいです。

こぼこぼさん (兵庫県/45歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅ローンについて 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/04/12 10:13
住宅ローン 杉浦 順司(ファイナンシャルプランナー) 2008/04/12 09:46

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン借換 ヴルさん  2016-08-19 08:24 回答2件
マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
住宅ローン審査 まっちゃごてんさん  2015-11-23 17:05 回答1件
住宅ローンの借り入れについて あけささん  2015-02-18 18:54 回答1件