コンクリートは最小限に - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コンクリートは最小限に

2008/04/03 23:27

takiさん、こんにちは
パルティータ建築工房の森岡です。

住宅の外構にコンクリートを打つかどうかが環境に与える影響は、ヒートアイランド現象:温度環境と、雨水が浸透できるかという大きく2つの要素があり、しかも2つ別々の問題でなく関係しています。


特にここ10年位でしょうか、床上浸水となるような豪雨が襲うことが少なくありません。
単位時間当たりの雨量もすごいのですが、特に都市部がアスファルト道路で覆われ、敷地内も外構に裸地が少なく、雨水が浸透しないのです。

外構では、雨水を浸透しないコンクリート舗装は最小限にする方が良いと考えます。
住宅のコンクリート舗装は、安くありません。
私たちは、駐車場などでどうしてもコンクリートがほしいときは、2〜3mごとに10cm程度スリットを設け、砂利や草を入れ、雨水を浸透させています。


ヒートアイランド現象を考えた場合、コンクリートやアスファルトは、夏炎天下では表面温度が60〜70℃まで上がることがありますが、土はそんなに上がることはありません。

温度上昇は、材料自体の熱の性質の他、水が大きく関わっています。
水分が蒸発すると、気化熱をうばい、温度が下がるからです。
芝生の温度は、上記の炎天下でも、外気温より大きく上がることはありません、水分が蒸発するからです。


住宅の外構では、ヒートアイランドの上でも透水性でもコンクリートより土の方が良いとしても、裸地では家が汚れて困ってしまいますよね。

砂利は、材料自体の熱容量や断熱性はコンクリートと大きく変わりませんが、透水、保水して蒸発することから、透水性はもちろん、ヒートアイランドの面でも優れていると考えられ、家の廻りに使ったらどうでしょう。

芝生やリュウノヒゲのような地被植物を使うとよりベターです。

参考にしていただけましたでしょうか

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

一戸建て住宅の外構

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/04/03 14:24

敷地内の建家以外の外構部分は、ヒ−トアイランド現象を考慮して、土のほうがいいのでしょうか?
使い勝手を考えると、コンクリ−トを打ったほうがいいと思うのですが、コストの関係もあると思うのですが、最近の流行というか、業界の流れとしてはどうなのか知りたいのですが、よろしくお願い致します。

takiさん (大阪府/36歳/男性)

このQ&Aの回答

環境を考える 中村 雅子(建築家) 2008/04/03 21:01

このQ&Aに類似したQ&A

RC住宅のアメ二ティ度について インテリア好きさん  2009-11-04 14:35 回答3件
日照0時間になってしまいました。 オレンジパークさん  2008-12-14 00:29 回答2件
RC-Z工法の一戸建て購入について 住宅購入検討中さん  2015-07-07 15:48 回答2件