口腔内腫瘍 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

口腔内腫瘍

2008/03/20 12:49

難しい事態になりましたね。当院ではレーザー治療を積極的に取り入れていますので、昨年、2例口腔内扁平上皮癌のわんちゃん、猫ちゃんが他院から紹介で来られました。レーザーは出血を最小に押さえることができる上、取り切れなかった部分に対しては、レーザーの熱で腫瘍の自滅も促しすことができます。このようにして動物達のQOLの維持に努めているのですが、残念なことに、20年小動物臨床でレーザーをやっていて、広範囲に浸潤性してしまった扁平上皮癌、線維肉腫、悪性メラノーマをレーザー手術、治療だけで完治させたことはありません。昨年の猫ちゃんの場合は舌中央部の裏から表まで腫瘍に侵されていましたが、レーザーで熱をかけて治療しました。4日後腫瘍と共に、舌の前半分が脱落してしまいましたが、幸いなことに口にペースト状のものを入れてあげると上手に食べてくれました。この猫ちゃんの場合も、フードより水の補給のほうが大変でした。ゆっくり入れてあげないと、むせてしまいました。ワンちゃんは一日の飲水量が多くて大変です。十分な水分を補給するには、口からだけでは不十分かも知れません。そこで自宅で皮下輸液をさせてもらったらどうでしょうか? 当院でも慢性腎不全の猫ちゃんは御自宅で皮下輸液をしてもらって脱水を予防しています。最初戸惑ってらっしゃいますが、慣れると一人でもおできになられます。一度、掛かり付けの先生に相談してみてください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

高齢犬の水分補給について

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2008/03/14 20:04

11歳5ヶ月・メスのミックス犬(柴犬×ゴールデン)です。
舌の裏側の扁平上皮癌と診断されました。かなり進行しているため手術はできず、また抗がん剤ももう効果がないだろうとのことで「メシマコブゼウス」… [続きを読む]

らむねさん (兵庫県/34歳/女性)

このQ&Aの回答

RE:高齢犬の水分補給について 苅谷 和廣(獣医) 2008/03/22 13:53

このQ&Aに類似したQ&A

子宮蓄膿症と診断されました yuki97さん  2009-06-15 02:46 回答2件
腎臓癌の摘出手術後、治療中に死亡 ハッピー1さん  2009-11-25 00:06 回答1件
下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件