住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2008/02/22 22:19

まyさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『今回私が退職することにより...不動産の売却が必要になるケースはありますか?』につきまして、融資した銀行にとっは、毎月確実に利息を含めた住宅ローンの返済を行ってもらえればいいわけで、逆に言えば、返済の途中でローンの取り消しや競売などにより、強制的に処分をした場合には銀行は損失が発生してしまいますので、基本的にはこのようなことは避けたいはずです。

よって、まyさんが心配されているようなことは取り敢えずはないと思われますので、安心してください。

ただし、ご主人様だけの年収でまyさんの分も含めて住宅ローンを返済するとなると、年収に占めるローンの割合が相当高くなってしまうものと思われますので、退職した後も一日も早く収入は確保しておいた方がよろしいと考えます。

尚、毎月6万円など、毎年贈与税の基礎控除の範囲内で贈与を行った場合でも、それが課税回避と税務署に見なされた場合には、後からまとめて課税される場合がありますので、注意する必要があります。

この方法は資産家の父母祖父母から子や孫に対する生前の財産移転としてよく使われますが、税務署はこのような贈与が発見された場合には、後からまとめて贈与税の認定課税をすることがあるようです。

また、所轄の税務署へ行って予め確認をしておくことをおすすめいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン・退職・贈与税・ローンの条件について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/02/22 17:09

はじめまして、こんにちは。まyと申します。

夫(年収700万)、妻(年収600万)の二人で2007年2月にローン借り入れ 夫(2500万)、妻(1770万)でそれぞれの持分5:2で共同名義… [続きを読む]

まyさん (東京都/31歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

相続対策と住宅ローン借入について ハナ875215さん  2015-09-07 14:03 回答1件
住宅ローン控除は受けれますか? あきちゃんSPさん  2013-06-03 08:29 回答1件
持分と住宅ローン控除について てつおさん  2008-02-14 01:34 回答1件
住宅取得資金の確定申告について tomomaruさん  2011-01-30 03:14 回答2件