柔軟性のある準備と練習をしてみましょう。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
林 俊二

林 俊二
ITコンサルタント

1 good

柔軟性のある準備と練習をしてみましょう。

2008/06/17 19:59

プレゼンテーションといっても、いろんな状況が考えられるのですが、とりあえず、最近のビジネスでは一般的な専用ソフト「パワーポイント」を使ったスライドを映しながら、大勢の人の前で発表することを想定してお話しします。

緊張する、という方で多いのは話す内容を一語一句、事前にきちんと原稿にして、それを間違えないように、抜けがないように話さなければ、と思いつめているケースです。細かく決めれば決めるほど、準備をすればするほど、本番で思うようにいかない、たとえば時間が押してくると、原稿どおりに話せなくなるので、一気に緊張、ひどいときはパニックになってしまうのです。

そこで、せっかくの「パワーポイント」なので''『これだけは話さなければいけない』という必須項目だけ、きちんと目立つようにスライドに盛り込む''のです。あとは原稿を見ながらではなく、「パワーポイント」画面を見ながら、その必須項目だけは落とさないように話す練習をしてみましょう。もちろんきちんとした原稿を準備することは有効ですが、それに縛られてはいけません。

とにかく「パワーポイント」に書いた必須項目だけ外さなければ、あとは少々、抜けがあっても構わない、というくらいの''割り切りが大切''です。通常、ひとは他人のプレゼンテーションを一語一句、覚えたりなどしていません。大部分は記憶にも残らず、残ったとしても、全体を通してせいぜい1つか2つのポイントだけです。

つまり、''プレゼンテーションとは本当に大切な1つか2つのポイントをきちんと相手に伝えるためにやっている''と考えれば気が楽になりますし、ほとんどの場合、その核心となるポイントが伝われば大成功なのです。そこで、たとえば10分の予定のプレゼン資料なら、5分でざっと流したり、余談も交えて15分で行ったり、''どんな時間設定でもポイントを外さない''練習をするといいでしょう。

(現在のポイント:6pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

プレゼンテーション能力の鍛え方を教えてください

スキル・資格 ビジネススキル 2007/12/13 18:10

人前で話すのが苦手です。せっかく準備しても、思うように話せません。緊張せず、上手に話を進める秘訣を教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

段階に応じた「学習」と「練習」を! 藤島 淑子(経営コンサルタント) 2007/12/13 22:17
自分の能力向上がプレゼン能力向上につながる。 田邉 康雄(経営コンサルタント) 2007/12/14 18:21
プレゼンテーションのおススメトレーニング法 松岡 利恵子(研修講師) 2013/05/10 21:34

このQ&Aに類似したQ&A

プレゼンテーションのコツを教えてください 専門家プロファイルさん  2007-11-08 10:44 回答6件
緊張しないプレゼンテーションの仕方 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答7件
査定面談で、上手に自己アピールしたい 専門家プロファイルさん  2008-05-08 10:40 回答3件
自己管理で燃え尽きを防ぎたい 専門家プロファイルさん  2008-01-18 10:25 回答2件
プレゼン資料作成のポイントは? 専門家プロファイルさん  2007-12-20 17:55 回答5件