可能なら屋根面の改修をまずお薦めします - 八納 啓造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

可能なら屋根面の改修をまずお薦めします

2007/11/30 09:37

築30年の一軒家の木造と想定しますね。
まず、私たちが良くやる断熱改修は屋根面ですね。

どうしても、木造の場合は上階が屋根面の熱で暑くなり、真夏の冷房などは
ほとんど効かなくなったりします。

そういう時に、屋根面に通気層をとり、天井裏に熱が入らない構造にすると
かなり軽減できます。断面構成でいうと、野地板+断熱層+通気層+屋根
という形です。

通常の一軒家だと、多分100万円強くらいで改修が可能でしょう。

これで多くの家の夏場対策が出来てきました。

あと、既存の壁の断熱材が何か?で壁面などの改修方法は変わると思いますが
現状から考えると、外壁に外断熱用の壁をつけたり、サッシュをペアサッシュに
変えるなどが考えられます。ただ気をつけないと、壁面内結露を起こす可能性
がありますので、換気計画や既存断熱材のやり変えまで考慮しないといけない
でしょう。

後は1階床下ですね。
床下を基礎内断熱工法(床下の外壁通気をやめ部屋内と空気を循環させる方法)
にやりかえると底冷えがしなくなります。

ただ、湿気ない工夫が必要になりますので、今回は概略としてお話しました。
詳細については、具体的に専門家と話し合いながら予算とのバランスで決めて
いくのが妥当でしょう。

回答専門家

八納 啓造
八納 啓造
( 建築家 )
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

リノベーションで冷暖房効率をアップさせたい

住宅・不動産 住宅設計・構造 2007/11/29 14:50

築30年の一軒家をリノベーションして、冷暖房効率をアップさせたいのですが、どのような方法があるでしょうか。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

住まいの中に空を取り入れる方法 専門家プロファイルさん  2007-12-06 18:00 回答12件
床のアレンジ方法 専門家プロファイルさん  2007-10-24 11:35 回答6件
暖房方法について nakisasukeさん  2013-01-27 15:50 回答2件
床の断熱方法について【助けて下さい(泣】 ginoさん  2012-03-02 17:37 回答1件
天井埋め込み型のエアコンのメリットと注意点は? 専門家プロファイルさん  2008-12-26 11:25 回答4件