勉強すべし!と言うけれど… - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

鈴木 克彦

鈴木 克彦
建築家

- good

勉強すべし!と言うけれど…

2007/11/28 13:33
(
5.0
)

「みさ」さんこんにちは。

断熱材について勉強しだすときりがありませんね(笑)。

実際、本気で勉強し出すと「はまり」ますよ。
外断熱・内断熱?から始まり、何とか係数が0.1高いとか低いとか…。

でも、これは多分家造りの本質ではありません。
大事なのは「構造」ですから。

もちろん断熱はどうでも良いというわけではないので、ちょっと書かせて頂きますと、
業界内でも、どの断熱材が良い・どの工法が良いというのは、泥仕合です。
どちらも自分の工法・材料を正当化し、他者を悪者にします。

しかしながら、きちんとした施工がとられた上では、そんなにビックリするような違いは出ません(って、こんな事書くと語弊がありますが)。

もちろん、5cmの厚さのただのグラスウールと、何重にも断熱した家とでは断熱性や冷暖房の効果に大きな差が出るのは当たり前ですが、お住まいの地域の標準的な断熱と限定すると、きちんとした施工が出来ているか否かの方が遙かに差は大きいと思います。

例えば遮熱タイプの高性能のガラスの樹脂サッシ、等を使っても、同じ面積では、安い断熱材を入れた壁の面積に比べ、遙かに熱が逃げます。

断熱材で、シックハウスを一番考えるなら、問題は材料うんぬんよりもカビです。

安い断熱材でも、きちんとした気密(気密シートというフィルムを張って、テープで目張りします)が出来れば問題はまず無いでしょう。

きちんと施工してくれるか心配だから、施工者によってムラがない○○工法というのは、やや悲しいですね。

そう言った事をきちんと教えてくれる業者、出来れば施工中の現場を見せてくれて、丁寧に説明してくれる業者、そんな業者を捜す事の方が、きっと近道だと思いますよ。

探し方は簡単「現場を見せて頂けませんか?」これだけです。
一度現場を見たが最後、食いついたスッポンのようにしつこい業者には、「余所に決めさせて頂きました。ごめんなさい。」の一言で退散してくれます。

頑張って下さいね!

評価・お礼

みさ さん

回答ありがとうございました。変な質問してしまいすみませんでした。そうですよね・・・自分たちで決断しなくちゃですよね。
私と主人で意見が真っ二つに分かれてしまい尚更悩んでしまって。頑張ります!!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

断熱材の選び方と工法について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2007/11/27 12:00

いろいろな建築業者に話を聞いているのですが、断熱の種類や施工がさまざまです。グラスウールやポリスチレンやウレタンやセルロースファイバーなどいろいろあり、充填断熱や外張り断熱などと、何が一番… [続きを読む]

みささん (新潟県/26歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

外張り断熱と充填断熱併用における壁内結露について taniyamaSYO112さん  2011-04-17 22:00 回答2件
寝苦しい夏季の屋根裏遮熱対策 キョロ@さん  2009-10-10 23:47 回答2件
断熱材の厚さについて いい家建てるぞさん  2009-02-18 23:12 回答4件
関東地区での、土間スラブ工法について mr_cozyさん  2007-10-09 15:04 回答3件
何がなんだか ann0710さん  2014-02-15 10:48 回答1件