個人向け国債のデメリット - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
小林 治行

小林 治行
ファイナンシャルプランナー

- good

 個人向け国債のデメリット

2007/11/23 20:15

投資を初めて始める方には元本を確保する投資をお勧めします。
その中でも、個人向け国債は最も最適と言えます。

個人向け国債には5年物と10年ものがあります。
主な相違点は5年物は固定金利、10年物は変動金利と言う点が大きく違います。

これまで低金利で来た日本経済が今後10年間更に低利金利で推移するとは思えないこと事から、
10年物の方が現実的と思われます。

10年物の個人向け国債は購入できるのは個人だけで、法人は出来ません。
購入単位は10,000円から。満期は10年です。
利率は基準価格からマイナス0.08%、但し年0.05%を下限とします。
これだけでも現行の定期預金を超えます。

10年物ですが、購入後1年経過後は中途解約することが出来ます。
しかし、その際「中途解約調整額」として過去2回分の利息相当額を差し引かれます。
従って短期で解約をすると、国債であっても元本を割ることがありますので、長期保有が出来る資金を充当した方がよいと言えます。

国債は元本確保型ですが、その分利率は定期預金よりは高いものの、株式型投資信託よりは利率はリターンは低くなります。いわゆるローリスク・ローリターンです。

急激に資金を増やそうとすることでなく、普通預金や定期預金よりは金利が良く安定的に運用するつもりで投資して下さい。

但し、全ての資金を個人向け国債に充当することは賢明ではありません。
分散投資の1方法と理解し、資金の1/4又は1/3程度をこの国債に投資して下さい。

E-mail hk@kobayashi-am.jp
URL http://kobayashi-am.jp

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

投資デビューとして、来月初めから募集が始まる「第10回個人向け国債」の購入を検討しています。元本保証、比較的高金利といいことづくめのように感じるのですが、デメリットはありますか?

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

国債投資のデメリット 渡辺 博士(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/22 21:57
変動10年の個人向国債 佐々木 保幸(税理士) 2007/11/22 23:09
国債で投資デビューの件 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/23 15:22
個人向け国債の2種類の内容と留意点 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/23 15:44
リスクの捉え方、投資目的等により異なります。 かやはし 陽子(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/30 02:07
「国債=安全」と誤解していませんか? 鷲山 俊男(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/23 18:36
何のために使う資金ですか? 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/24 09:01
国を信じる気持ちがありますか? 阿部 雅代(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/24 22:33

このQ&Aに類似したQ&A

積立投信、何を選んだらよい? にゃぽさん  2008-09-20 01:56 回答5件
国債と債券投信の違い mnyさん  2008-01-04 20:06 回答7件
解約か継続か悩んでいます ekomottoさん  2013-12-18 15:45 回答1件
住宅売却によるお金の運用 猪八戒さん  2013-01-25 22:13 回答0件
資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件