住宅取得資金として親から贈与を受ける場合 - 柴田 博壽 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅取得資金として親から贈与を受ける場合

2015/06/27 22:35
(
5.0
)

youyoumaさん はじめまして
税理士・FPの柴田博壽と申します。
資金の出所が明白になっていて、拠出した金額の割合に応じての
持分登記は、贈与の問題は、生じません。

また、資金を銀行間で送受金する場合は、明瞭に口座名義を分け
ておいた方が良いのですが、資金がはっきりしてさえいれば、一時
的に他の口座を経由しても直ちに贈与税の問題は起きません。

youyoumaさんご夫婦の留意すべきことは、唯1点です。
それは、二人とも親御さんからの贈与分の件です。
暦年贈与の非課税枠は110万円ですから、今回は、住宅取得資金
の贈与の非課税枠を使われるのだと思います。

住宅取得資金の贈与の非課税の特例は平成31年6月30日までに
贈与を受けた場合に適用となります。27年分は、限度1,000万円で
すが、700万円、500万円、300万円と連年減少するので留意した
いところです。

この特例は、無条件に非課税ではないので合わせてご注意ください。
翌年3月15日までに贈与税申告書の提出が要件となっています。
期限までに申告書を提出しない場合、非課税は、あくまで110万円
です。
youyoumaさん、そのようなケースでは残額520万円に対して
126万円の贈与税が発生することになります。

贈与税の申告書に添付する書類には、「贈与契約書」があります。
そのため、贈与契約書の作成は必須となりますね。

ご相談に応じています。
よろしければご相談ください。
ご参考になれば幸いです。
 柴田博壽税理士事務所 
e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp     
 http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

住宅取得資金
非課税
契約書
贈与税申告
贈与税

評価・お礼

youyouma さん

2015/06/27 23:09

早速ご回答いただきましてありがとうございました。
明瞭ですごくよくわかりました。

柴田 博壽

2015/06/28 05:31

youyoumaさん 税理士の柴田です。
お役に立てたのであれば幸いです。
また、いつでもご相談ください。

 柴田博壽税理士事務所 
e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp  

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
( 東京都 / 税理士 )
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

持分登記と贈与税

マネー 住宅資金・住宅ローン 2015/06/27 20:46

物件価格 3200万円

持分登記 夫:妻=8:2(2560万:640万)

夫2560万円=夫親から援助を頭金に    630万円
        ローン          1500万円
    … [続きを読む]

youyoumaさん (東京都/35歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

3800万の物件を購入しても家計が破綻しませんか? ぽんざえもんさん  2015-03-03 07:47 回答1件
マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
フラット35Sにおける担保提供者の借入残高と信用情報について てるてるぼうずさん  2016-03-05 00:48 回答1件
住宅ローンについて ひろ24さん  2016-05-22 08:17 回答2件
マンション売却か賃貸か モンスターくんさん  2015-11-20 01:44 回答2件