親からの住宅資金の援助について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

2 good

親からの住宅資金の援助について

2014/05/14 10:11

へるむさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『住宅ローン残債が1000万円で、返済のため親から1000万円受け取った場合、通常は贈与税が加算されてしまうと思うのですが、それを借りるという形式にすれば贈与税はかからないのでしょうか』
につきまして、

へるむさんもご記入されているとおり、
ご両親から1000万円を単純に受け取り、
その資金で住宅ローンを完済した場合には、
贈与税の課税対象になってしまう可能性が高くなります。

尚、ご両親との間で金銭消費貸借契約書を締結して、
利息を加えた金額を毎月返済するようにすれば、
これは贈与ではなく、借り入れとなります。

この場合にご注意していただきたい点として、
毎月の返済額に利息を乗せた金額をきっちりと返済すること。
また、毎月の返済を記録として残しておけるように、
銀行振り込みなどを利用することをお勧めします。

また、念のため公正証書を作成しておいた方が、
安心できるかも知れません。

尚、ご両親からお金を借りるという方法以外にも、
ご両親が亡くなって相続が発生したときまで課税を猶予してもらえる、
相続時精算課税制度という制度もありますので、
ご興味などありましたら、
最寄りの税務署で確認してみてください。


以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

相続時精算課税制度
ファイナンシャルプランナー
公正証書
住宅資金
住宅ローン

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

親からの住宅の資金援助

マネー 住宅資金・住宅ローン 2014/05/12 03:24

住宅ローン残債が1,000万で、返済の為親から1,000万受け取った場合、通常は贈与税が加算されてしまうと思うのですが、それを借りるという形式にすれば贈与税はかからないのでしょうか?

その際どの様な手続きを取ればいいのですか?

へるむさん (東京都/34歳/女性)

このQ&Aの回答

書類は作成しておきましょう 青野 泰弘(ファイナンシャルプランナー) 2014/05/12 11:34

このQ&Aに類似したQ&A

年収500万で4000万のローン carineさん  2015-08-13 16:50 回答2件
子名義の住宅ローンを親の資金で返済する場合 ららさん  2007-03-21 23:33 回答1件
マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
住宅ローン審査について りりりんごさん  2016-01-18 16:07 回答1件
新築マイホーム購入資金の贈与税について myrea0527さん  2014-10-01 21:23 回答1件