木造の収まりとS/RC造の収まり - 斉藤 進一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

木造の収まりとS/RC造の収まり

2014/02/04 01:13

はじめまして

スキマは気になりだすと落ち着かないお気持ち、良く分かります。

木造では壁ボードの厚み分(約12mm)の中で、フローリング端を収めることで、収縮によるスキマの解消ができますが、S造やRC造においては床がコンクリートで壁下地は軽鉄を使うことが多く、近隣との防火上の兼ね合いから床から天井まで先行してボードを施工するケースが多々あります。

置き床の上のフローリングは、壁ボードに多少のクリアランスを設けて施工するため、収縮時は床下が見えるのではないかというようなスキマが生じることは、施工上致し方ない部分でもあります。

しかし、住まい手にとっては気になる部分ではあるので、隠し方として

現状より厚めの幅木に張り替える

ことをオススメ致します。

現状がソフト幅木であれば木製幅木に、木製幅木であれば厚手のものに換えると収縮を厚み部分の中で収めることが出来ます。

しかし、長手方向のフローロングも現実的には波打っているので、今度は上下方向に幅の違ったスキマが出来、そちらが気になる恐れもございます。

お住まいになって、未だ3ヶ月ということで今年の夏場に膨張したときの現象も加味した上で最終的にご判断されると良いのではないでしょうか?

個人的には、先出の先生が仰るように弄らないのが一番だと思います(^^)

小手先で現状を隠すパテやコーキングだけはオススメできません。

ご参考になれば幸いです。


やすらぎ介護福祉設計 斉藤

コンクリート
施工
木造
設計

回答専門家

斉藤 進一
斉藤 進一
( 埼玉県 / 建築家 )
やすらぎ介護福祉設計 代表
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

フローリングの乾燥による隙間の補修について

住宅・不動産 新築工事・施工 2014/01/30 23:25

新築の分譲マンションで、住み始めて3ヶ月です。
合板の床板です。

秋から住み始めて、今年がはじめての冬です。

7畳間の窓側の幅木と床板の隙間が2mmほど空きました。
床板は… [続きを読む]

koruto35さん (鹿児島県/35歳/男性)

このQ&Aの回答

機能的に問題無いなら、何もしないのがが良い 吉田 武志(建築家) 2014/02/03 16:25

このQ&Aに類似したQ&A

断熱の効果について 優柔不断中さん  2013-11-25 00:19 回答1件
無垢フローリングの隙間(床暖使用時) さっかーさん  2016-05-03 19:16 回答1件
巾木とフローリング間の隙間 APRIL4さん  2016-04-30 18:10 回答1件
キッチンが暗い ゆかりんりんさん  2015-02-13 07:37 回答2件
新築の欠陥について 住宅大好きさん  2016-07-21 13:54 回答1件