プランの立て方についてアドバイスです - 森本 直人 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

5 good

プランの立て方についてアドバイスです

2013/06/14 16:23

tyu様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(FP)の森本直人です。

ご質問の教育資金や老後資金の貯め方ですが、今後は、インフレに負けないという視点も採り入れた方がよいと思います。

というのも、最近よく耳にするかと思いますが、日本銀行が「異次元の金融緩和」を実施することになっているからです。

この政策を進めていくと、理屈の上では、インフレになります。

15年程度の長期運用、比較的ローリスクで、かつインフレにも対応しながら、貯蓄・運用できる商品としては、私は、投資信託が適切と思います。

例えば、リーマンショック前に投資信託を提案したFPは、株価の暴落や円高の進行などで、さんざん非難されたわけですが、ブレずに、計画通り進めてきた方は、約5年後の現時点で、ほぼ回復に向かっています。

また、その間の低迷期にも、着実に投資額を積み増した方は、現段階で、数十万から数百万円の運用益を計上していることが一般的です。

したがって、15年の運用期間がとれ、かつ積立投資であれば、上記の事実をふまえて、価格変動のある、投資信託も、私は妥当と考えます。

ただし、リフォームなど、5~10年以内に使う可能性のある資金は、銀行預金にキープしておいた方が無難かもしれません。

あとは、例えば、私立の小・中学校に通わせたり、習い事をたくさんさせるご家庭は、半端なく、教育費が掛かります。

ですので、お子さんたちの小・中の育て方のイメージが確認できたところで、高校以上の教育資金および老後資金を設計されてみてはいかがでしょうか。

それと、ご主人さんの事業の安定度なども考慮しつつ、10年以内の取り崩しの可能性をみてください。

さらに具体的にプランを練りたい場合は、個人で活動しているFPにご相談されることをおすすめします。

個人で活動しているFPは、金融機関の相談窓口とは異なるメリットがあります。

もちろん、私でよければ、いつでもお問い合わせください。

相談
ファイナンシャルプランナー
投資信託
長期運用
教育資金

回答専門家

森本 直人
森本 直人
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

教育資金+老後資金+αの貯め方

マネー 家計・ライフプラン 2013/06/12 15:32

今後のライフプラン・必要経費などの目途が立ちましたので、適した貯蓄方法・具体的な商品などを教えていただきたいです。

夫41歳(自営業)手取り39万、自営業、賞与・昇給・退職金なし
… [続きを読む]

tyuさん (東京都/41歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

海外在住、キャッシュフロー表の作成 vodafone123さん  2014-01-30 09:11 回答1件
これからの家計の計画 サンタクロースさん  2012-04-01 17:00 回答2件
マネープランと再就職 chihiro38さん  2014-01-16 17:51 回答1件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件