Re:犬の肛門周囲腺腫及び停留睾丸手術について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

Re:犬の肛門周囲腺腫及び停留睾丸手術について

2012/05/16 10:12
(
5.0
)

心臓は、聴診による心音の状態、エコー検査による画像診断などで状態を把握することができます。これらの検査を行い、手術ができる心臓かどうかを判断する方が良いでしょう。気管に関しては、レントゲン検査で顕著な異常、通常の生活での咳、呼吸が荒くなるなどの症状がなければ大丈夫でしょう。
停留睾丸は、ペニス付近の皮膚の下に確認できなければ、お腹の中と思われます。停留睾丸は、睾丸の腫瘍を予防するためにも、肛門周囲腺腫を予防するためにも、摘出することをお勧めします。肛門周囲腺腫は、肛門周囲腺癌である可能性もあります。停留睾丸の手術を行うのであれば、同時に腫瘤も切除し、病理検査で診断してもらう方が良いでしょう。

腫瘍
手術
検査

評価・お礼

horinobu さん

2012/05/19 21:23

●●先生、回答ありがとうございます。
停留睾丸の手術は通常の去勢手術より時間がかかると聞きます。腫瘍の切除を同時に行うと更に時間を要すると思われ、手術のリスクが増すと思われますがいかがでしょうか。13歳という年齢もあり、判断しかねております。

2012/05/24 09:02

心臓もしくは肺に明らかな異常が認められるのでれば、どちらか一つの手術でもリスクは増加します。

しかし、先にお伝えいたしました詳細な検査で異常が認められなければ、そして、きちんとした麻酔管理を行えば2つの手術を同時に行うことはできると思います。

大切なダックスちゃんの現在の状況を踏まえて、また今後に対して、何がベストなのかをよくご相談されることが重要かと思います。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

犬の肛門周囲腺腫及び停留睾丸手術について

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2012/05/06 03:43

雄のミニチュアダックス13歳について御相談したく、よろしくお願いします。
獣医師に肛門周囲腺腫を指摘され、腫瘍の切除及び去勢手術が望ましいが、停留睾丸であるため去勢手術に時間が… [続きを読む]

horinobuさん (茨城県/42歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

16歳のマルチーズです mikan_1234さん  2013-11-04 19:04 回答1件
下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件
犬の心臓病(?)について Mokuren2014さん  2014-06-21 23:23 回答1件
病犬の食餌に関して エツディさん  2014-03-13 17:09 回答1件