繰り上げ返済のタイミングについて - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

4 good

繰り上げ返済のタイミングについて

2011/11/01 10:17

ぽんぽこハナコさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『11月中の繰り上げ返済VS1月年明けの繰り上げ返済でいくらほど総返済額が違ってくるのでしょうか?』
につきまして、

総返済額が11月あるいは1月に繰り上げ返済を行う場合に、
どれくらい違ってくるのかにつきましては、
融資先の金融機関から発行されている返済予定などで確認をしていただければ、
くずに分かりますので、
後からぽんぽこハナコさんご自身でご確認ください。

尚、あくまでも私自身の経験則からすると、
11月に繰り上げ返済を行っても、
1月に繰り上げ返済をおこなっても、
毎月の返済額に占めるローン利息の割合からすると、
借り入れ元本の額を考慮しても、
それほど大きな違いはないと思われます。

また、繰り上げ返済を行うタイミングにつきまして、
融資先の金融機関から借入残高証明書が発行された後からとなります。

尚、他のFPの方も書かれていますが、

住宅ローンの借り換えによりメリットが出るための条件として、
1.返済期間が10年以上残っていること。
2.借入残高が1,000万円以上残っていること。
3.現在のローン金利と、借り換えた場合のローン金利との差が、
1.0%以上になること。
などとなります。

よって、現在利用されている住宅ローンの金利を考慮した場合、
借り換えを行った方が毎月の返済額が安くなると思われます。

また、ローンの借り換えにより、
総返済額も少なくできると思われます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

相談
返済
住宅ローン
借り換え
ローン

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ローン控除前後どちらに繰り上げ返済するのが得になるでしょうか

マネー 住宅資金・住宅ローン 2011/10/31 22:59

よろしくお願いします。

約1360万円 残返済期間30年 元金均等3.14%
で借り入れをしています。
300万円ほど資金に余裕ができたので、繰り上げ返… [続きを読む]

ぽんぽこハナコさん (大阪府/36歳/女性)

このQ&Aの回答

借換えは検討されましたか? 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2011/11/01 08:30
繰上げ返済とローン控除の選択について 佐藤 昭一(税理士) 2011/11/01 18:09

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン控除特例措置が得か?また、扶養控除は? いのいのさん  2008-03-12 17:57 回答1件
ペアローンへの借り換えと持ち分の変更 朧月夜さん  2009-09-01 09:10 回答3件
住宅ローン控除の適用期間について トミー2532さん  2008-02-27 08:59 回答2件
持分と住宅ローン控除について てつおさん  2008-02-14 01:34 回答1件