購入するか賃貸を継続するかについてですね。 - 松本 仁孝 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

購入するか賃貸を継続するかについてですね。

2010/11/17 11:15

はじめまして。

「さくらシティオフィス」の代表者、
ファイナンシャル・プランナー CFP®認定者、
不動産コンサルタントの松本です。

気づいた点について、書かせていただきます。

今後における、
あなたのご事情に対応する必要があるように思います。

あなたのケースでは、
今後、起こり得る確率が高い事項を優先して、
考えていくことになります。

ご質問内容から読み取れるのは、
あなたが実家で営んでいる家業の承継者であること。

結婚されれば、実家へ帰ることへの強い思いは、
あなた自身が、実家の家業を承継する者としての自覚から、
生じているものと推察しております。

家業を承継されることが、
すべての前提になっている以上、
現在のあなたに固有の事情があると思いますが、
プランニングにおいては、実家に帰られることを、
優先順位第1位として、考えていかなければなりません。

もし、購入された場合、どうなっていくのかについて、
考えをめぐらせていく必要があるように考えます。

実家に戻ることが確実視されますので、
売却することになろうかと思います。
売却価額が住宅ローン返済残高を下回った場合、
オーバーローンの状況になってしまいます。
このような事態は、家業を承継する者として、
避けなければならないことです。
あなたが承継する家業への影響が懸念されるからです。

あなたのご事情から見ても、
リスクマネジメントの観点からも、
現状の賃貸のお住まいを継続されることが、
最善であるように考えております。

少しでも、お役に立てていれば、幸いです。
 

購入
不動産コンサルタント
リスクマネジメント
賃貸
不動産

回答専門家

松本 仁孝
松本 仁孝
( 大阪府 / 行政書士 )
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

購入か賃貸か

住宅・不動産 不動産売買 2010/11/16 15:38

中古のマンション(又は一戸建て)購入か現状の賃貸継続か迷っています。

私の現状は
・35歳、独身、法律事務所事務員(転勤はありません)
・年収約350万。
・賃貸アパート
  家賃7万(駐車場1台500… [続きを読む]

masankun820さん (福岡県/35歳/男性)

このQ&Aの回答

賃貸か購入かについて 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/11/16 16:56
基本的には賃貸継続がいいと思いますが・・・ 大槻 圭将(不動産業) 2010/11/21 17:06
住宅の購入か賃貸かについて 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2011/10/15 18:12

このQ&Aに類似したQ&A

賃貸アパートから分譲マンションへ ELMERさん  2007-04-03 22:13 回答2件
マンション購入を検討 レッドイカさん  2008-11-27 19:38 回答1件
子どものために住み替え 悩めるパパさん  2007-07-16 23:46 回答1件
中古アパート購入を検討しています。 タケウチさん  2013-03-05 17:46 回答1件
中古アパート併用住宅の購入について 910ta28さん  2012-05-25 18:55 回答3件