生命保険への加入について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

生命保険への加入について

2010/09/25 12:03
(
3.0
)

mamochanさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『養老保険と個人年金保険を比べた場合、どちらが私どもの状況に則した保険の選択になるかアドバイス...』につきまして、まず、貯蓄性のある生命保険商品に加入するのですから、受け取れる保険金よりも支払う保険料の方が多くなってしまう、いわゆる元本割れの保険商品に加入することはもってのほかです。

つぎに、現在販売されている貯蓄性のある保険商品につきましては、予定利率(便宜的に支払い保険料の割引率とお考えください。)があまりにも低くなってしまっていますので、例え元本割れはない保険商品でも満期までネット銀行に預けた場合と利回りのうえでは大差はありませんので、あまりお勧めはできかねます。

よって、保険商品の加入を含めて見直しをご検討されるのでしたら、お子様も既に大学一年生ということですから、死亡保障を大幅に削減していってもよろしいと考えますし、これとは逆に、今後利用する可能性が高くなっていく医療保障につきましては、充実させておいてもよろしいと考えます。

そして、老後資金をこれから準備していかなければならなくなりますが、まず、繰り上げ返済により住宅ローンの早期完済をめざしていただくことが先決となります。

毎月の住宅ローン負担がなくなればその分、貯蓄などに振り向けられる資金の割合が高くなりますし、資金の一部を高い配当性向や成長が見込める株式や株式投資信託、上場投信などを利用しての資産形成に加えていってもよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

商品
削減
銀行
老後
住宅

評価・お礼

mamochan さん

申し訳ありませんが、住宅ローンの繰上返済による利息軽減効果につては、
先日金利「0%」ローンへの借り換えを実施しましたので、繰り上げ返済の必要性は全くありません。

「元本割れの保険商品に加入することはもってのほか」と、実に歯切れのよい回答を頂きましたが、
個人年金についての回答がなかったのが残念でした。

渡辺 行雄

mamochanさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもお金に関することで、分からないことがありましたらご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

養老保険と個人年金保険

マネー 生命保険・医療保険 2010/09/24 09:22

現在、保険勧誘を受けており、検討しております。
妻43歳が自身に対し、主契約500万円+保険料払込免除特約(3大疾病、身体障害、要介護状態)が付いた65歳満期(契約期間22年)の養老保険を検討中です。
<… [続きを読む]

mamochanさん (埼玉県/44歳/男性)

このQ&Aの回答

保険の目的! 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2010/09/24 12:33
本当のニーズに合っていますか? 山口 京子(ファイナンシャルプランナー) 2010/09/24 12:37
心配なのは医療保険の方ですね。 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2010/09/24 10:02
保険選択につきまして 山田 聡(ファイナンシャルプランナー) 2010/09/24 16:48

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険・医療保険の加入について tomohiro1979さん  2012-10-03 10:32 回答1件
夫の生命保険の更新について たかやさん  2010-07-16 15:26 回答3件
生命保険について まねまねさん  2009-10-01 13:54 回答5件