知っておくべき新入社員4つのタイプvol3 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

葛西 伸一
株式会社メンター・クラフト 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
長谷川 進
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年09月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

知っておくべき新入社員4つのタイプvol3

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
コミュニケーション 新入社員
本来であれば、対面で相談することで、相談される側も共感し考え、新たな視点を提供したり価値観を提供したりすることで、現職での成長に再挑戦する気持ちも発生するかもしれない。
また、モチベーションも上がるかもしれない。

では、上記の4タイプに関して、それぞれどのようなモチベーション
マネージメントが必要になってくるのだろうか。
いずれも共通していることは、Stage1〜Stage2の段階で関与することが大切である。

TypeA;このタイプは、比較的人から注目を浴びたいタイプ。
    退職リスクは高めだ。理想と現実のギャップを知った時に、失望を感じる。
    しかし、理想を目指す分、新たな理想や目標があれば、モチベーションが上がるタイプだ。
    理想が現実とは異なることを知ったタイミングで、新たな理想(目標)を本人に設定させる。
    40歳でカッコイイ状態ってどんな状態か?
    (例;スポーツカーを乗り回す。クルーザを乗り回すetc..)
 ならば、そのために何をすればいいのか?本人に設定させ、承認する。

TypeB;このタイプは、「職場の仲間」や「友達」を重視するタイプだ。
    退職リスクは低めだ。そして、定年まで会社に貢献してくれる可能性が高い。
    お金を稼ぐことの面白さ、仕事とプライベートのワークライフバランス 
    の重要性を説いて常に、上司が対話してあげるだけで、
    長期的に在籍してくれる可能性が高い。