最安のセオリーは通用しない - ブログ活用 - 専門家プロファイル

和久井 海十
セルフメディアエイジェント 
ITコンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最安のセオリーは通用しない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. ブログ活用

おはようございます。ワクワクの和久井です!


バブル経済崩壊以降,供給過剰,割安な輸入品の増加や
ディスカウント・ストアの出現など、流通業界の変化によって生じた価格破壊。




ファストファッションのユニクロや低価格のファッション眼鏡を提供するZoff、
牛丼チェーンの吉野家などのファストフード、ネットではヤフオクやamazon、
そして100円ショプといった、徹底したコストダウンでより安い価格へと
挑んでいった企業はどんどんと頭角を表して行きました。




このような背景から、性能や品質に大差なければ、とにかく安いが一番と
消費者は「最も安い=最安」の価格重視思考へとシフトして行きました。


さらに、価格ドットコムなどでは価格の比較が容易にできるようになり、
消費者は簡単に価格の比較ができるようになり、消費者の目はどんどんと
シビアになっていきました。


しかし果たして本当に安いだけで消費者は納得するのでしょうか。


このままでは安いものだけを生み出せば、マーケティングの必要もない、
広告費をさく必要もなくなりますが、それで問題はないのでしょうか??


ひと言に消費者と言っても、バブルなど最高を経験した世代と、
失われた20年、そしてその周りを囲む世代と
消費者を構成する要素は実に様々です。


「消費者思考の多様化」の時代だといえます。


この多様化の時代に、本当に「最安値」の価格一辺倒で攻めて行っても良いのでしょうか?
答えはNOです。

このコラムに類似したコラム

ステマやNO1はやれない人に........ 和久井 海十 - ITコンサルタント(2012/12/29 07:00)

WiiUは模倣される技術か? 和久井 海十 - ITコンサルタント(2012/12/27 07:00)

3-11 カテゴリー別マーケティング① 鈴木 健一郎 - マーケティングプランナー(2012/01/21 18:09)

3-3 マーケティングキーワード③「忠誠から推奨」 鈴木 健一郎 - マーケティングプランナー(2012/01/19 16:01)