わたしが人を癒そうとしない理由☆〜共依存とエネルギー - 恋愛全般 - 専門家プロファイル

Yuriel
人間関係専門・生きかたカウンセラー、潜在意識セラピスト
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

わたしが人を癒そうとしない理由☆〜共依存とエネルギー

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 恋愛全般


「振り回されて疲れる」と感じていませんか。


借金の問題を抱えるきょうだいに、
お酒を飲んで暴れる恋人に、
しきりに行動をチェックするパートナーに、
職場の愚痴を聞かせるばかりの女友達に......


「相手に振り回される感じ」は
「自分の許容範囲を超えて依存されている」と感じるときに起こるようです。


「ちょうだい、ちょうだい、もっとちょうだい」

お金であったり、関心であったり、同情であったり、
求められるものはさまざまですが、
「振り回される」と感じる方は、求められることにノーと言えない方が多いように感じます。


借金の肩代わりをしてあげたり、

お酒の失敗の尻拭いをしてあげたり、
または飲まないようにとお酒を取り上げたり、

不安を解消してあげようとこまめに連絡してあげたり、

とことん愚痴につきあってあげたり、

自分がぼろぼろになるまで相手の望むことにこたえてあげようとするのです。



ですが、不思議なことに、求められるものを、
与えても与えても、問題は大きくなるばかりでちっともよくなりません。


借金の問題をかかえる家族の肩代わりをしてあげても、また新たな借金をつくったり、
お酒をとりあげて、もう飲まないと約束させても、また飲んでしまう、
ということはよくあることなのです。


何度も繰り返している、または、もう二度としないと約束したことに2度目があったとしたら、
間違いなくこのパターンといってもいいくらいです。


これを心理学では「共依存」の関係と呼びますが、

今日は「共依存」の関係で、どのようなことが起きているのか、
スピリチュアルな視点から説明したいと思います。


「共依存」という言葉のとおり、エネルギー的にも、2人(3人以上の場合もありますが)は、
相互に依存しエネルギーを奪い合っています。

エネルギーコードと呼んだりしますが、例えるなら電源ケーブルのようなもので、
それを相手につけて、エネルギーを吸い取っているような感じなのです。


ケーブルの先端のプラグを、相手に差し込むような感じ、
と表現するとわかりやすいかもしれませんね。


例えば、借金の問題を抱えている人だと、プラグを差し込んで受け取られるエネルギーはお金ですし、
お酒の問題を抱える人だとお酒かもしれませんし、
頻繁に連絡がないと不安な人だと、受け取るのは注目や関心だったりするかもしれません。


ですが、それらのエネルギーはその人を元気にしないことは、
なんとなくわかるのではないでしょうか。



「共依存」とはその名のとおり、「共に依存しあう」関係ですので、
実はエネルギーコードは、依存的な人だけでなく、
依存を受けている人からものびています。

依存を受ける人は、依存を支える人という意味で
enabler(イネイブラー:[依存を]可能にする人)と呼ばれたりします。


どうみても頼りない依存的な人から、どんなエネルギーをもらうのでしょうか。

スピリチュアルな視点から観察していると、
実は自立心だったり、気力といってもいいのかもしれませんが、
それは、相手の生命エネルギーそのもののようです。


ですが、そもそも相手のエネルギーと自分のエネルギーは違うものですから、
自分にあわないものを口にしたときに、お腹をこわしたりアレルギー反応を起こしたりするように、
相手のエネルギーを受け取れば、「疲れた」と感じてしまうようです。



依存している人は、

お金を、
お酒を、
関心を、

相手から与えられることによって、
「自分の責任は自分でとる」ということから遠ざかってしまい、自立心を失います。

それによって依存している側は、どんどん自立心がなくなってダメな人になっていき、
与える側は(相対的にみて)、相手より優位になっていきます。

そんなつもりはなくても、依存されている人は、相手より立場が強くなってしまい、
依存している人は自尊心を失っていきます。
そして関係性の主導権は当然のように、与える人が握ってしまうのです。



では、どうしたらこの不毛なエネルギーの取り合いをやめることができるのでしょうか。



もちろんどんな人も好きこのんで自分のものではない借金の尻拭いをしたい人はいないでしょう。

それに、「相手のエネルギーを奪ってやろう」なんていう人もいませんし、
ましてや「自分の生命エネルギーを差し出したい」などと思う人はいません。


ですが、見えない世界、つまりエネルギーの世界で、
相手にプラグをがっちりと差し込んでエネルギーを奪ってしまっているとしたら......



まず、相手からプラグを抜くことができたら簡単です。


あなたが与える側であれば、

借金の肩代わりをしない、
お酒をやめさせようとしない、
相手の期待にこたえなければという思い込みをすてるなど、

「冷たい人」になること。


そして、あなたが依存してしまっている立場であれば、

親に対する依存心を断ち切って家を出てみる、
パートナーにしつこく電話するのをやめて、自分磨きにはげむ、
お酒を飲まない、
お金の無心をしない、などでしょうか。


でも、これらの方法はなかなか難しいのです。
簡単に依存しないで自立できるくらいなら、繰り返しのパターンにはまってはいないでしょうし、

長い間、人からどう見られているかに気を配ってきたからこそ、「いい人」である人にとって、
「いい人をやめて冷たい人になる」というのは、世間の目が気になるので
心理的にとても難しいことのようです。



もうひとつの方法は、プラグを差し込むことをゆるさないことです。

このエネルギーコードには、「合意」があります。

エネルギーコードは、一方的に差し込むことはできません。
プラグが差し込まれるコンセント、つまり差し込み口があるのです。


依存的な人は、相手が自分を支配しようとしていると思いがちですが、
もし支配されていると思うのなら、自分の力を信じて
自分の側にある差し込み口をなくせばいいだけです。

でもやっぱり、お金が欲しかったり、
愛(自分を満たすために人からもらうのは本当の愛ではありませんが)が欲しかったり、
相手をつなぎ止めておく必要があるからこそ、なかなかなくせないのかもしれません。


また、依存する側がお金をもらうために、エネルギーコードをのばしてきたとしても、
与える側が、「なんとかしてあげなければ」と思うのではなく、
「あなたの問題はわたしが解決しなくてもあなたが解決できる」と信じることができれば、
コードは差し込まれません。
つまり差し込み口がない状態です。


また、依存的なパートナーに振り回されていたとしても、
それをあなたが「こたえてあげたい」と思うときにしか、差し込み口はできません。


あなたがこたえてあげなければ、自分自身の光をみて元気になるかもしれませんし、
他に依存させてくれる人をみつけるかもしれません。
たいていの場合それを恐れているので、
つなぎ止めておくために差し込み口を用意してしまいます。


つまり、お互いの合意の上でエネルギーコードを差し込みあい、
本来自分で調達できるはずのエネルギーを、相手からもらおうとしているのです。



「子どもは、自分の食いぶちを持って生まれてくる」と古くからいわれているように、
わたしたちは、ひとりひとりが必要な分だけ豊かさを与えられています。

自分が必要とするエネルギーは、あらかじめ天から与えられているのです。


相手のエネルギーを受け取ることで自分を満たすことも、
自分のエネルギーを与えることで相手を満たすことも、どちらもできません。

ひとりひとり、違うものを与えられているからです。
エネルギーは「自分専用」なのです。



わたしは、クライアントを癒そうとしないセラピストなので、
人によっては、「物足りない」「冷たい」と感じる方もいらっしゃいます。

それはわたし自身が、依存も、依存させる側も体験した経験からの自戒でもあります。
わたし自身も、今日お話ししたことと同じプロセスを体験し、乗り越えてきました。
トラウマをひとつひとつ癒していったこともありました。


でも結局、わたしが大きく変わったのは、
『A Course in Miracles (奇跡のコース)』の教えに出会ってからです。


奇跡のコースでは、わたしたちは完全な存在だと繰り返し教えます。
不足はない。だから大丈夫なのだと。

奇跡のコースの学びを通して、わたしは、自分を信じ、
相手を信じるという選択にチャレンジするようになり、奇跡を体験しました。


わたし自身も、パートナーを癒そう(問題を解決しよう)としていたときは、
まさに相手にエネルギーコードをのばし、相手がのばすエネルギーコードを引き受けていたのです。

もちろん、一つずつの問題は解決していきましたが、
根本的には変わらず、何度も別れを経験することになりました。


特にセラピストは、クライアントからエネルギーを求められるので、
エネルギーを与えようとしがちです。

ですが、「エネルギーを与えよう」「癒そう」とするときは、
わたしたちは、相手の完全さを見失っているので、
そして、エネルギーコードをのばし、のばされることをゆるしてしまいます。


もしあなたがセラピストやヒーラーで、疲れていると感じていたら、
「相手を癒そうとしていないか」チェックしてみてください。

そして、あなたが身近な人に振り回されていると感じていたなら、
エネルギーコードを抜く勇気をもってみてください。


大丈夫。
あなたが与えなくても、あの人には十分なエネルギーが与えられています。
そして、もちろんあなたにも。


「わたしは、神が創造されたままのわたしだから」

魔法の言葉をあなたに贈ります。




最後までお読みいただきありがとうございました。
今日もあなたにすてきなことがたくさん起こります☆
感謝をこめて。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ おしらせ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

今までブログでお知らせしていました魔法使いの学校のイベントは、
より参加してくださる方のご希望にあわせやすいよう、
事前にお申し込みいただいた方のみのご案内にさせていただくことになりました。

イベントや講座の参加には、事前登録(無料)が必要です。
ご案内が必要な方は、以下のフォームからお申し込みください。

https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dDhDdXJwUW1zSWM1TzlJYWV5bFBFZHc6MQ

個人セッションのお申し込みは、https://docs.google.com/spreadsheet/viewformfromEmail=true&formkey=dGtPM1RUMFF3VkRUdGdkcGgyZGRqUWc6MQ から


☆じぶんらしく、輝きたい方、「イルカの写真」をクリックしてくださったみなさまに、虹の光のヒーリングエネルギーを送ります☆




にほんブログ村

人気ブログランキングに参加していますこちらもクリックお願いします



このコラムに類似したコラム

束縛されてしまうと感じているあなたへ☆ Yuriel - 恋愛アドバイザー(2013/01/28 05:55)

カルマとアトーンメント〜カルマから自由になりたいあなたへ☆ Yuriel - 恋愛アドバイザー(2013/03/14 05:59)

相手の気持ちを考えるということ☆ Yuriel - 恋愛アドバイザー(2013/01/24 05:55)

人生の収穫期は何度も訪れる☆ Yuriel - 恋愛アドバイザー(2013/01/14 05:55)

わたしの現実は、わたしの思いが創っている☆〜新年に寄せて Yuriel - 恋愛アドバイザー(2013/01/05 05:58)