映画「うまれる」12/25タワーホール船堀にて - 漢方薬 - 専門家プロファイル

西野 裕一
漢方薬誠心堂 代表取締役
千葉県
薬剤師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:薬・漢方薬

西野 裕一
西野 裕一
(薬剤師)
桐 正和
桐 正和
(薬剤師)
桐 正和
桐 正和
(薬剤師)
西野 裕一
(薬剤師)

閲覧数順 2017年07月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

映画「うまれる」12/25タワーホール船堀にて

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 薬・漢方薬
  3. 漢方薬
ブログ 【漢方ロハス】

西葛西店の石川です。

皆さんは、映画「うまれる」をご存知ですか
私は、映画の名前は知らなかったのですが、そのコンセプトはどこかで聞いたことがあるなあと、担当の方の話を伺っていて思いました。

映画「うまれる」のサイトはこちら

ちょっとだけ引用しますと…、
『映画『うまれる』は、「子供は親を選んで生まれてくる」という胎内記憶をモチーフに、命を見つめる4組の夫婦の物語を通して、【自分たちが生まれてきた意味や家族の絆、命の大切さ、人との繋がりを考える、ドキュメンタリー映画】です。

妊娠・出産・育児、流産・死産、不妊、障害など『うまれる』ということを幅広く捉える事で、親子関係やパートナーシップ、男性の役割、そして『生きる』という事を考える・感じる内容になっております。 』



今度12/25、クリスマスの日にタワーホール船堀で映画「うまれる」が自主上映されます

「映画「うまれる」クリスマス上映会 in 船堀  **きらきら☆ぼし**」
↑↑↑
スケジュール詳細はこちら


この映画、DVD化はされておらず、こういった自主上映会を通してしか見ることが出来ないそうです。

内容が内容だからなのでしょうね。

今回誠心堂はその活動に協賛する事になり、試写会も行われたのですが・・・、仕事があり見ることができませんでした時間が許せば見たかった

当日は、「安達充さんクリスマスミニライブ」というのも併せて行われます。
キムタクですら「韓国人のキム タクさん」と思っていた私は、疎過ぎて良く知らないのですが、
YouTubeに出ている「僕が生まれた時のこと-It was when I was born-安達充 」を演奏するとか


西葛西店と、南行徳店、行徳駅前店にて、前売りチケットを扱っております

日中の部は、ホールの前側の席を取っ払ってお子さんとお母さんが座って見られるようにすることを計画しているそうです。

夜の部は、じっくり作品を楽しみたい方にということでした。

東京や千葉でも上映会開くケースは多いようですが、なかなかない機会ですので、ご興味をもたれた方は是非ご覧になって下さいね。

このコラムに類似したコラム

クリスマスの思い出 西野 裕一 - 薬剤師(2012/12/10 17:15)

樹掛 西野 裕一 - 薬剤師(2013/02/05 18:46)

ウイルス性の疾患が流行っています。 西野 裕一 - 薬剤師(2012/12/25 11:25)

自由が丘店ご妊娠数!! 西野 裕一 - 薬剤師(2012/12/16 08:48)

マイコプラズマ肺炎について 西野 裕一 - 薬剤師(2012/11/12 18:35)