マイコプラズマ肺炎について - 漢方薬 - 専門家プロファイル

西野 裕一
漢方薬誠心堂 代表取締役
千葉県
薬剤師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:薬・漢方薬

西野 裕一
西野 裕一
(薬剤師)
西野 裕一
西野 裕一
(薬剤師)
原田 愛子
原田 愛子
(薬剤師)
松島 達也
(薬剤師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マイコプラズマ肺炎について

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 薬・漢方薬
  3. 漢方薬
ブログ 【漢方ロハス】

船橋北口店店長の西野です。

風邪や寒さからくる鼻炎などが大変多くなっていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

子供さんに多いマイコプラズマ肺炎も現在流行ってるので皆さん注意しましょう!


主な症状は以下の通り。

ノドの痛み

鼻水、鼻づまり

37℃程度の微熱から39℃以上の高熱

咳、痰のからむ咳(解熱しても1ヶ月近く続く症状)

喘息があると、喘息の悪化、喘鳴(ゼイゼイ・ゴロゴロ・ヒューヒューといった呼吸)

呼吸がしにくい呼吸困難


<マイコプラズマ肺炎の感染・潜伏期間>


感染から発症までの潜伏期間は1~3週間ぐらいで、4週間に及ぶこともあります。一度流行すると、どんどん拡がってしまい小流行になってしまいます。季節では秋から冬に多いのが特徴です。

発症年齢は8~9歳がピーク。痰や唾液、咳で人にうつる飛沫感染です。そのため、学校や会社など集団生活している環境で感染が拡がってしまいます。年齢的に、小学校や中学校での流行が多いです。大人の場合は何回も罹ることで多少の抵抗力がつきますが、免疫を長くは維持しにくいのが特徴です。

咳が続いたり、お子さんがいらっしゃる家庭では家族内で感染する事が多いので

はやめはやめに医療機関へ。長引く風邪には喉の炎症を取ったり、体に元気を補う漢方を

飲んで予防する事も大切ですので是非ご相談下さい。

このコラムに類似したコラム

使用済みカートリッジが学校の教材に。。。 西野 裕一 - 薬剤師(2012/08/24 20:02)

女性のお悩み相談、受付中。 桐 正和 - 薬剤師(2013/02/06 22:06)

ザ・寒さ対策!! 桐 正和 - 薬剤師(2013/02/06 12:25)

女性の天敵!? 桐 正和 - 薬剤師(2013/02/03 14:54)

今から始める、花粉症対策(^^)/ 桐 正和 - 薬剤師(2013/02/01 18:40)