いかに連携させるかが肝です。 - ブログ活用 - 専門家プロファイル

和久井 海十
セルフメディアエイジェント 
ITコンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いかに連携させるかが肝です。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. ブログ活用

おはようございます!ワクワクの和久井です。
9月も最終日の週末、いかがお過ごしでしょうか。


さて、朝から問題です。
Google検索で「SEO」と検索をかけると、
いったいどれだけの数の情報があがってくるとおもいますか?


その答えは、なんと 8.88億~

                  


比較対象がないとこの数が多いかどうかわからないとおもうので...........

たとえば同じように以下キーワードで検索した場合、その数

セルフメディア・・・・・5,060,000
アメーバブログ・・・・・12,300,000

27日以降の注目ワード

ビックロ・・・・・‥・・・621,000

こうみると、SEOとは、いかに氾濫したキーワードなのかわかります。
つい何年か前までは「SEOってなに?」と聞き返されましたが、
いまでは一般的に使われるIT用語となりました。

SEOとは、従来型のWebマーケティングをさします。


対するSMO(Social Medeia Optimization)とは、
ソーシャルメディアマーケティングをさしています。

その概念は、

Webサイトのアクセス向上策の一つで、ブログや掲示板(BBS)、
SNSといったユーザが情報を発信するCGM系のサイト(ソーシャルメディア)での
認知度や評判を高め、サイトへのアクセスや評価を向上させること。
Ogilvy Public Relations社のRohit Bhargava氏が提唱したものです。
(IT用語辞典から)



一見、その違いがわかりづらいSEOとSMO


しかし、実はその効果、メリット、戦略すべてにおいて違います。
その点について、今日はさらに説明して行きたいとおもいます。


<戦略>

◆従来マーケティング(SEO)
1 奇麗なWebページ
2 他を圧倒する表面的宣伝力
3 他のPR活動との連携



◆ソーシャルメディアマーケティング(SMO)
1 記事により読者との触れ合い
2 定期的な記事の情報発信から発生する信頼感
3 一発屋でなくリピーター作りに重点をおく記事戦略



<メリット>


◆従来マーケティング(SEO)
1 リスティング広告など比較的短い時間で効果がわかる


◆ソーシャルメディアマーケティング(SMO)

1 クチコミを通して効果が半永久的に続きやすい
2 質の高い人脈が広がりやすい
3 低コストで高い費用対効果が得られやすい

<デメリット>

◆従来マーケティング
1 広告予算の規模が大きい
2 情報が乱立して、コンバージョン率が低い

◆ソーシャルメディアマーケティング

効果がわかるまで半年くらいかかるケースがおおいい


******************************************

比較してみるとわかりますが、SEOとSMOにはそれぞれ異なる特徴があります。
そして比較する事で見えてきたのが、いずれも取り組み、
かつ連携させる事でデメリットを補完し合い、
より大きな効果をあげるようになる、ということです。

いままではSEOにばかり目がいってましたが、これからはSMOにも
戦略を組んでいく必要があるということがわかります。

目指すはSEOとSMOの連携させていく、ということ。

両者を連携させる戦略、欠かせませんよ。

このコラムに類似したコラム

WEBマーケティングフォーラム2013 昆野 世宙 - Webプロデューサー(2013/11/25 14:48)

全日本LPO協会のマーケティングフォーラム開催 昆野 世宙 - Webプロデューサー(2013/11/22 15:50)

六本木ヒルズでセミナーをします! 昆野 世宙 - Webプロデューサー(2013/09/17 11:36)

3-2 マーケティングキーワード②「露出から関わり合い」 鈴木 健一郎 - マーケティングプランナー(2012/01/19 15:05)

3-1 マーケティングキーワード①「検索から繋がり」 鈴木 健一郎 - マーケティングプランナー(2012/01/19 14:00)