子に親の悪口を聞かせる~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年04月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子に親の悪口を聞かせる~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

第9回モラルハラスメント語りと癒しワーク
番外編 
子ども×心×お金 シングルママワーク

開催します

とき:2012年9月29日(土)10:00-12:30
ところ:中山到税理士事務所(文京区本郷2丁目)
料金:お一人さま3,000円
参加者お一人につきお子さん一人無料
2人目以降のお子さんの参加は1,500円
*お飲み物、お菓子用意します
*途中退席自由
*シングルママ、シングルママ予定の方限定*
詳細は コチラ  の記事をご覧下さい
*満席になりました*
*   *   *   *   *   *







子どもは、親をそう簡単には拒否しません。




どの様な親でも、その全てを受け入れ愛そうとします。





子どもの年齢が低ければ低いほどその傾向は
強まります。



幼い子どもはまだ親の発言や行動を批判的に見る能力が
低く、

また、
生存戦略としても親の保護を受け適切な養育を
受ける必要がありますから。





以前

「子どもはパパが大好きです」

という記事で書いた内容と一部重複しますが、


私は、子ども達の発言や行動は、まずは率直に
真っ直ぐに受け止めるべきものと考えます。



子どもであっても、その発言や行動、意思は
尊重されるべきものですし、


実際には
「それが子どもの出した答え」
という場面も多いからです。






ですが、

どうしても子どもの状況的に、

「子どもの発言の裏側」

に隠れている真意を探ってあげたり、

又は、

子ども達が
言葉で表現できずに心に溜め込んでいる思いを
大人の側が、

言葉で表現する手助けをしてあげる必要が
ある場面は存在します。






私の経験上の話になりますが、

小学校低学年位までの子どもが
親を全面的に拒絶することはかなり稀でした。




たとえ虐待されている子でも、
親の事を恋しく思っているのだな、と感じる場面に
遭遇する事の方が多かったです。



仮に親との交流を前向きに考えられない子でも、
真正面から親を否定する子は少なかったです。



大抵の子は、親に会ったり親との交流を提案すると

「どっちでも良い」

「別に」

等と、
例え親を拒否する気持ちがあったとしても
ストレートにそれを表現することは少なかったのです。





ですので、この年齢の子ども達が
親を真っ向から拒否する発言をした時は、


子に対してよっぽど酷い対応や虐待が無かったか、


もしくは、

離婚や別居問題では一方の親(多くの場合は同居親)への
遠慮や忠誠葛藤に苦しんでいないか、

子ども自身とゆっくりお話をするなどして
配慮する必要があると考えています。



(繰り返しますが、これは幼い時期の子のお話です。
思春期以降の子とは別のお話です。)





モラハラ夫の場合、

(本当に残念な事ですが)そう少なく無い割合で、

子どもとの面接交渉時や、
妻と別居し子が父親の元に残っているという場面で、


子どもに母親(被害者妻)の事実無根の悪口や
良くない話を聞かせている、と言う事が現実にあります。





「ママや他の人には内緒だよ」

と言いながら、子どもに母親の悪口を吹き込む。

この事は、
父親が自分を信頼して秘密を共有してくれた期待に
応えなくてはならない、という余計な負担を子どもに
生じさせ、


同時に、
愛する母親への裏切りを感じ、

パパもママも大好きな子にとっては、
本当に大変な負担です。





「悪い秘密」は子どもを暗闇へ置いてけぼりに
してしまいます。




この時子どもの心の中では、

大変な苦しみと悲しみ、戸惑い、忠誠葛藤など、

大きな嵐が吹き荒れます。







夫婦間に何があろうとも、子どもの安全や安定だけは
守ってやらなくてはならない親が、

子どもの心に嵐を巻き起こすのです。







子どもに親の悪口を吹き込む。

ましてや、事実とは違うことまで聞かせる。


これがどれほど子どもに影響を与える事か、

どれだけ子どもの心を苦しめるのか、
大人は知るべきだと思います。





これだけは本当に、あってはならない事なのです。








*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成
モラルハラスメントのご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター
電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
◆営業時間◆
平日 9:30~19:00
土日祝日は定休日です
ご相談は事前予約制です
時間外の業務についてはご相談ください
*   *   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

壊しても、治せるものばかりではないから~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/29 09:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

クリスマスにパンダを作るちえぼぅ♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/24 16:33)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)