100点満点、ノーミスが持つ驚異のパワー - 子供の教育・受験全般 - 専門家プロファイル

坪内 康将
独学指導者 
愛知県
塾講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:子供の教育・受験

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

100点満点、ノーミスが持つ驚異のパワー

- good

  1. 育児・教育
  2. 子供の教育・受験
  3. 子供の教育・受験全般

あの有名な「く○ん」が、なぜ子どもの力を伸ばすことに成功しているのか。



その秘訣の1つに

「満点にする」ことがあります。




仮に1回目で間違いがあっても、何回かで直して100点満点にする

(はなまるとかをつける)



それだけで、子どもは達成感があり、スッキリします。


満点になった後、「じゃぁ、次のこれもやってみようか」と声をかけると、「うん、やるやる!」と返ってくる率が非常に上がり、次々に勉強が進んでいきます。





これは、家庭学習でも、どの塾でもできることです。




塾屋でも

参加型授業後の帰りの問番

演習日の確認テスト

などのあらゆる復習テストでは、


ノーミス、満点で終わる

ことを合格条件にしています



これをしっかりと、「しかけ」で行うことが重要です。







例えば、演習日での確認テスト。

自分が勉強したワークを持って、先生のもとへ・・・。

先生「よし、じゃぁ、これとこれ、やってみて」

生徒「・・・・できました。」

先生「・・・・全部合ってます!合格!!」


生徒「やった!!」


生徒にとっては、自分で勉強したものが100%成果として出たと実感できます。


また、ミスもなかったことで、「ミスをする自分」を少しずつ変えていくこともできます。




ここでは書ききれないほど、100点満点、ノーミスには効果があります。




学校の定期テストの満点は難しいですが、

・計算数問

・テスト形式のワーク

・誰かから出された問題

・自分で勉強した問題

を満点にすることは可能です。





100点

ノーミス


これは、絶対的に「価値のある」事実です。



例えば、90点だと、周りが95点ばかりなら価値は変わってしまいます。


しかし、100点(ノーミス)は、絶対的な価値があります。





いきなりテストをして100点(ノーミス)は、ムリかもしれませんが

・あらかじめ勉強したもの

・すでに、できる内容

であれば、どんなお子様でも可能性があると思います。






小さな成功体験をくりかえす。



これは、勉強ができる人たちが、すでに習慣になっているものです。



正解するのが、当たり前になっているのです。



それが自信にもなりますし、次への活力にもなりますし、勉強のイメージを良い状態で維持できる武器です。




逆に勉強ができないと言う生徒は、どんな小さいことでも100点満点を取ってきていません。小さな100点を経験していないのです。


自分で勉強して苦にならない生徒は、小さな計算でも問題でも100点満点(ノーミス)の経験を積んでいます。


この100点満点を「自分で」「連続して」たたき出すことができる勉強方法があります。



それが独学の「自分テスト」です。



自分テストをすれば、自分一人で

「満点効果」を永遠と受け続けることができますよ!


だから、独学ができる人は勉強が嫌いにもならず、途中で独学をやめることもないのです



自分テストって何?


初めて聞いた方、忘れた方は

次は、この記事をご覧ください



このコラムに類似したコラム

指導で大事なのは「○○性」 坪内 康将 - 塾講師(2013/05/20 15:36)

なぜ入試の本番で力を出せないのか? 後藤 高浩 - 塾講師(2012/12/13 15:29)

自分たちで答えを出す 藤原 文 - 行政書士(2014/12/24 16:27)

伸びる生徒・伸びない生徒<その4> 後藤 高浩 - 塾講師(2013/11/20 11:53)

伸びる生徒・伸びない生徒<その2> 後藤 高浩 - 塾講師(2013/11/16 12:53)