周りは周り~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

周りは周り~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

*   *   *   *   *   *







夫がモラハラだと気付き、


夫と共に生活する事に限界を感じ始めた時、



勇気を出して両親や友人に離婚について相談したのに



「あんな素敵な旦那さんなのに離婚するの?」


「我慢が足りないんじゃない?」



等と言われてしまう事があります。






そして、既に長い間夫からモラハラ被害を受けて

自尊心や自己価値が低くなってしまっている

被害者妻の方は、


周囲からのこれらの言葉に



「やっぱり私がいけないんだ。」


「私ももっと我慢して、努力して、頑張って

行かなくちゃ。」



と、すでになけなしの気力をさらに振り絞って

しまう方がいらっしゃいます。





確かに


「周囲の意見を取り入れて、更に努力する。」


という事は、普通の人間関係の中であれば

大切なことかも知れません。




ですが、


相手がモラハラ夫であれば話は別です。



この段階まで来て被害者妻がさらに忍耐と努力を

続ける事は、本当に危険です。







私はこの様なご相談をお受けしている時、

いつもこう思います。




「周囲の人はこの方(ご相談にいらしている被害者妻)に


『我慢が足りない』

『離婚する前にもう少し頑張ってみたら』

等と言う。


けれど、一番大切なことは、この方が現実の生活で

夫を見て、その上で


『この人(夫)とはもう暮らしていけない』


と感じている事、そのことではないか。」



と。






周囲の人はそれぞれにあなたを思って意見を

言ってくれているのかも知れません。




けれど、


家庭内でモラハラをしている夫を日々目の当たりに

しているのは、あなたとお子さん達です。




そして、脱出しない限りは、

現実に日々モラハラ夫と生活を共にするのも

周囲の人たちではなく、あなたとお子さん達なのです。





最終的に、自分の人生に責任を取れるのは

自分でしかありません。





私はあなたが


「もうこの人(夫)とは一緒にやって行けない」


と思ったその事実を、判断を、




もっと大切にして良いのではないかと思っています。








*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成

モラルハラスメントのご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メールinfo@yotsuba-houmu.com

◆営業時間◆

平日 9:30~19:00

土日祝日は定休日です

ご相談は事前予約制です

時間外の業務についてはご相談ください
*   *   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

自分だけが正しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/21 13:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)